全品送料無料でお届け
 

MIYAKO TAKAYAMA

高山都を作る、3つの時間

モデル・女優としてだけでなく、書籍や雑誌、自身のSNSなどをとおして発信されるライフスタイルが、大人の女性を中心に高く支持されている高山都さん。
美容・ランニング・お料理など、独自の世界観を持つ彼女がもっとも大切にしているのは、なにげない日常のなかにある3つの時間だという。

充実したライフスタイルの基本は
自宅で過ごす時間

彼女にとって自宅で過ごす時間は、充実したライフスタイルの基本となる時間。

「私は、普段仕事で人と会ったり、人に何かを伝えたり、なにかと人と接することが多いので、家でひとりになる時間は、気持ちのバランスをゼロに戻すための大切な時間なんです。」

自宅でひとりになり、好きな音楽を聴きながら、お茶を飲むこと。お料理をすること。そして、そのときの気分や季節に合わせて部屋に花を飾ること。それは高山さんにとって欠かせない時間なのだそう。

「なんでもない日にお花を買うのもいいし、気分とか季節とか、遊びに来るお 客さんによってお花を選んで、バランスを整えたりして飾るのも好きです」

この日選んでくれたのは、大好きだというダスティーパステルカラーのラナンキュラス。ただ無作為に飾るのではなく、感じたものや気持ちをそのまま形にできるのは、プライベートな時間だからこその楽しみ方でもあります。

「私、日本のバンドが好きなんです。だから、走っているときとか、家で料理しているときは日本のロックを聴く。でも、夜寝るときとか、気持ちのいい朝 とか、リラックスしたいときはクラシックとかジャズも聞きたい。そうやって、音楽もそのときの気分に合わせて選ぶようにしています」

お花も音楽も、気分を大切にして選んでいるという高山さんは、仕事の緊張感から離れた時間を自由に楽しむことで、それを逆に仕事への活力や発想力につなげているのです。

環境を変え、クリエイティブのスイッチを入れる

作業に没頭したいとき、彼女はふらりとカフェへ出かけることも。

「外に行くとちょっとだけ刺激のスイッチが入るというか、アイデアのヒントがあったりするんですよ」

いつもと環境を変えることで気分転換にもなり、新しい空気が自分のなかに入ってくれば、それが刺激となることも多い。また、普段自宅では楽しめない、本格的なコーヒーが飲めるところもカフェへ出かける理由だという。それもまた、彼女にとっては欠かせないライフスタイルのひとつだ。 ただ、外での作業では、なにかと雑音が気になることもある。そんなとき彼女はBOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QUIETCOMFOT 35 WIRELESS HEADPHONE II」を使うという。ノイズキャンセリング機能で集中力を高め、クリエイティブのスイッチをオンにする。

なにげない移動時間も、
大切な時間へと変える

職業柄、バスや飛行機などでの移動が多いという高山さん。そんななにげない時間も、彼女は大切な時間へと変えてしまう。

「最近は旅行をするような仕事も増えたので、移動中の飛行機のなかで原稿を書いたり、メールをチェックしたりはよくします」

街を走るバスのなかや、海外へ向かう飛行機のなか。時間が長くなれば、メールをチェックしたり、浮かんだレシピをすぐにメモしたり。時間も場所もムダにせず有効活用することは、彼女の得意技だ。また、忙しければ、移動時間をゆっくりと睡眠をとる時間にする。こうしてしっかりと休むことで、大切な時間に、より輝くことができるのだ。そんなときも、BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QC35 II」は欠かせないという。ノイズをなくすことで、どんな時間でも、どんな場所でも、一瞬にして自分の世界に入り込む。彼女はそうやって、なにげない時間を大切な時間に変えてしまうのだ。

落ち着かない空間のなかでも、自分の時間をつくる

高山さんにとっての充実したライフスタイルとは、自分の時間がちゃんとつくれることだという。すべての仕事が“自分”をとおして発信される彼女は、身の回りのどんなものにも集中し、没頭することで、そのこだわりを表現してきた。そのためにも、自宅での時間だけでなく、カフェや車など、外で過ごす時間でもきちんと自分の時間として昇華している。

「私の仕事はどこでもできるので、どんな場所も時間も有効活用したいんです。このヘッドホンがあれば、外に出かけるのが楽しくなります」

落ち着かない空間のなかでも、一瞬でノイズのない世界をつくりだす「QC35 II」は、彼女の充実したライフスタイルを形づくるうえで欠かせない存在になる。

QUIETCOMFORT 35
WIRELESS HEADPHONES II

圧倒的.ノイズキャンセリング
QC35 IIはボーズの最高峰のノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスヘッドホン。Amazon AlexaとGoogleアシスタント搭載で、さらに便利に。外出先でも、話しかけるだけで、いろいろな操作が可能

QC35 II ブラック
QC35 IIを着け、真剣な表情の瀬戸大也

DAIYA SETO

瀬戸大也が
成長し続ける理由

瀬戸さんがレースに挑むにあたり重視しているのは、いかに自分に集中するかだという。2013年世界選手権金メダル以来、コースに入場する場面からスタートの直前まで耳にしているQC35 II。自分に集中するための武器だという瀬戸さんが語るその凄さとは。

飛行機内で首にQC35 IIをかける山根敏史

SATOSHI YAMANE

山根敏史に欠かせない
パートナー

デザイナーとベーシスト。2つの顔をもつクリエイター・山根敏史に欠かせないパートナー、それがQC35 II。ときに創造力、ときに安らぎを与えてくれる、QC35 IIがもたらす、特別な時間を、彼の日常から探った。

メガネを掛けた小林紀晴

KISEI KOBAYASHI

小林紀晴が体験した、
驚きのノイズキャンセリング

写真家、大学教授、そして紀行家。様々な顔を持つ小林紀晴さん。忙しい日々の中、仕事の集中力を一瞬で高め、周囲の雑音から解放してくれる、QC35 IIの圧倒的ノイズキャンセリング。初めて使ってわかった、その驚きの体験を語っていただきました。