全品送料無料でお届け
 

バッテリーに関するトラブルシューティング

バッテリーの消耗が早すぎる。

ほとんどの接続機器では、バッテリーがフル充電された状態(電源を入れたときに緑色に点灯する状態)で、通話またはオーディオストリーミングが可能な時間は約7時間、スタンバイ可能な時間は約100時間となっています。ただし、現在のスマートフォンでは多くのアプリケーションや機能に、機器のアクティビティを知らせるビープ音とサウンド機能が備わっていることに注意が必要です。サウンドやビープ音がヘッドセットを通じて再生されると、バッテリーの寿命に影響を与えることがあります。一般的な電話のサウンドと通知には、次のものがあります。

  • ロック/ロック解除サウンド
  • キーボードのクリック音
  • メッセージとEメールの通知ビープ音
  • ソーシャルメディアの通知ビープ音(Facebook、Twitterなど)
  • ゲームやアプリケーションのサウンドと通知ビープ音(Words with Friends、Angry Birdsなど)

多くのユーザーが、通話していない時間や、音楽やビデオなどのオーディオソースのストリーミングを行っていないスタンバイ時間のみを計算しますが、これは正しくありません。

これらの音またはサウンドのストリーミングを停止する1つの方法は、デバイスのbluetooth®の音量を"vibrate"または"silent"にすることです(使用できる場合)。これで、機器からヘッドセットへのオーディオの転送を停止することができます。ただし、この設定により意図したオーディオ(音楽、gpsオーディオなど)も対象になるので注意が必要です。

使わないときにヘッドセットをオフにすることで、消耗を抑えることもできます。電話がかかってきたときに電源が切れていても、ヘッドセットをオンにしてから受信する余裕は十分あります。

こちらは役に立ちましたか?

送信

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。