新しいBose.co.jpへようこそ
 

ボーズの持続性

持続的な取り組みはボーズの本質と価値観を反映したものであり、卓越性の追求、誠実な事業活動、相手に敬意を持って接するという共通の取り組みをサポートします。持続性が会社の日々の仕事に浸透し、私たちの思考や事業の進め方の礎になることを目指しています。

ボーズのアプローチ

持続性に関するボーズのプログラムでは、事業の社会的な責任、環境的な責任、経済的な責任を管理します。持続性の管理で優れた慣例を採用し、会社全体に持続性を組み込むという大きな願いがボーズにはあります。そのため、私たちが事業を展開する地域社会、お客様、従業員に価値を創造する、グローバルな長期戦略を確立しました。製品のイノベーションを推進することによってお客様に価値を提供し、従業員が潜在能力を最大限に発揮できるように支援する一方で、地域社会には有意義な形で還元できることを目指しています。

今後数年間にわたって戦略プログラムを実施して、さらに大きな勢いになるように尽力します。ガバナンス体制は成功への鍵です。これは、職務の枠を超え、戦略と目標をうまく運用するための一貫性のある強化なメッセージを発信します。

社員

社員は事業の中心であり、今日のボーズの革新性、創造性、卓越性を推進します。より豊かで有意義な生活を社員が送れるようにすることで、将来にわたって事業を継続できる最高の人材を引き付け、つなぎ留めることができる職場環境を作り出しています。

「Wellbeing@Bose」、「Recognize & Celebrate」、「Health & Safety」などのプログラムは、社員の経験と福利を向上させます。「Bose Lean Enterprise」トレーニングや人材マネジメントに関するグローバルな取り組みなど、従業員の成長を支える重要なトレーニングプログラムもあり、すべての管理職が受講するように取り組んでいます。

コミュニティ

持続性のある事業は、運営されている地域社会、そして従業員とその家族が生活している地域の恩義を受けています。ボーズでは、ボランティア活動、チャリティー活動、企業奉仕など、さまざまな取り組みを通じて地域社会に貢献しています。私たちの活動は、地域社会のニーズに応える革新的な精神をもたらし、教育を通して研究と進歩を推進するという、長年の伝統を受け継いでいます。具体的な教育プログラムでは、従業員がエンジニアと専門知識を共有し、教育プログラムを通じて自身の成長と仕事の経験を積むことをサポートします。また、ボーズの未来を担う次世代のエンジニアの育成を可能にします。

環境対策

ボーズは自社の事業と製品が環境に与える影響を認識しており、これらの影響を少なくするアプローチに責任をもって取り組んでいます。エネルギー消費量とCO2排出量は、最も重要な環境問題の1つです。これらの軽減にボーズは取り組んでいます。無駄のない製造を目指す企業として、注目すべき多くの省エネ対策に取り組んでいます。これらの取り組みが長期的な利益をもたらし、環境に与える影響を少なくします。

無駄のない効率的な製造の一環として、無駄な廃棄物の削減とリサイクルにも注力しています。廃棄物を適切に管理することは、環境に有益なだけでなく、事業の資産価値を高めることになります。

製品の持続性

今日では法人/個人に関わらず、ますます多くのお客様が持続性の高い製品を求めています。ボーズは、自社の製品の持続性を改善することで期待に応え、さらに上回りたいと考えています。

ボーズの同じタイプのサウンドシステムに比べて、エネルギー消費量を50%削減したBose Energy Efficient Seriesや、運送/輸送ドライバーの疲労や痛みを軽減するBose Rideシステムなどの製品を提供しています。また、パッケージを再設計してサイズをコンパクト化し、環境に優しい素材を使用する方法も模索しています。