全品送料無料でお届け
 

Bose® CineMate® 1 SR

Bose®CineMate®1 SRを更新する理由

Bose CineMate 1 SRシステムは、長期間ご使用いただけるように設計されています。システムの機能を最適な状態に保つために、定期的なソフトウェアの更新が必要となる場合があります。

必要なもの: 10 MB以上の空き容量があるポータブルUSBメモリ。

以前にボーズ製品の更新を行ったことがあるお客様:
拡張子*.bosのファイルがお使いのUSBメモリに保存されている場合、更新を開始する前にそれらをすべて削除してください。

システム最小要件

Windows PC用:

  • 32 bitまたは64 bitの300 MHzプロセッサ(Vistaでは1 GHz)
  • 128 MB RAM(Windows XP)、512 MB(Vista Home Basic)、1 GB(Vistaのその他のエディションおよびWindows 7(32 bit))、2 GB(Windows 7(64 bit))
  • インターネット接続
  • 30 MBのハードディスク空き容量
  • USB 1.1、2.0、または3.0ポート

Mac用:

  • OS v10.5(Leopard)、v10.6(Snow Leopard)、またはOS v10.7(Lion)
  • Intelベースのプロセッサ
  • 512 MB RAM(Leopard)、1 GB(Snow Leopard)
  • インターネット接続
  • 40 MBのハードディスク空き容量
  • USB 1.1、2.0、または3.0ポート

事前の手順

更新を適切に行うには、お使いのCineMate® 1 SR systemの製品情報(シリアル番号およびソフトウェアバージョン)が必要です。

1.この情報を取得するには、まずCineMate 1 SR systemの電源をオンにします。Acoustimass®モジュールのオレンジ色のライトが点灯します(点滅ではありません)。

2. 更新に使用するUSBメモリを、Acoustimassモジュール背面の「Service」(サービス)という表示が付いた端子に差し込みます。オレンジ色のライトが緑色に変わって数秒間点滅し、その後消灯します。USBメモリを差し込んでもAcoustimassモジュールのインジケーターの色が変わらない場合は、USBメモリを抜いてもう一度差し込んでください

3. ライトが消灯したら、USBメモリを抜きます。これでお使いのCineMate 1 SRの情報がUSBメモリに保存されました

4.次に、USBメモリをコンピューターに接続して、以下をクリックしてソフトウェアの更新に進みます

5.アプリケーションの実行

Windowsの場合:

  • 「ファイルのダウンロード」ウィンドウで、「実行」または「保存」をクリックします。
  • 「実行」をクリックした場合、指示に従って更新を実行します
  • 「保存」をクリックした場合、ファイル(Bose_Update_Application.exe)を保存する場所を選択します。ハードドライブからアプリケーションを開始し、指示に従って更新を実行します

Windowsユーザーへの注記:
コンピューターに複数のユーザーアカウントがある場合は、アプリケーションを実行するために管理者の資格情報を入力するよう求められます。

Macの場合:

  • ご使用のコンピューターがファイルをダウンロードするまで待ちます。ファイルはデスクトップにハードドライブのアイコンで表示されます。
  • ウィンドウが開きます。指示に従って、更新アプリケーションファイルをデスクトップにドラッグします(ウィンドウが開かない場合は、アイコンをダブルクリックします)。
  • デスクトップから更新アプリケーションを実行し、指示に従って更新を実行します。

6.更新ファイルがUSBメモリに保存されたら、コンピューターからUSBメモリを取り外し、Acoustimassモジュールに戻して、システムを更新します。CineMate 1 SR systemの電源がオンになっていて、Acoustimassモジュールのオレンジ色のライトが点灯していることをもう一度確認してください。

7.USBメモリをAcoustimassモジュールに差し込みます。更新が自動的に始まり、ライトがオレンジ色の点灯から緑色の点灯に変わった後、数秒おきに点滅しますUSBメモリを差し込んでもAcoustimassモジュールのインジケーターの色が変わらない場合は、USBメモリを抜いてもう一度差し込んでください

8.更新が完了するには数秒かかります。更新が完了するとAcoustimassモジュールのライトが消えます。

9.ライトが消灯したら、CineMate 1 SR systemからUSBメモリを取り外します。USBメモリを取り外すと、システムは通常の動作に戻ります。

故障かな?と思ったら

更新アプリケーションをもう一度実行する前に、以下をお試しください。

インターネットからの更新のダウンロード時:

  • インターネット接続が正常に動作していることを確認します。
  • アプリケーションの実行には、お使いのCineMate 1 SR systemに関する製品情報が必要です。この情報を取得するには、まず更新に使用するUSBメモリを、Acoustimassモジュール背面の「Service」(サービス)という表示の付いた端子に差し込みます。オレンジ色のライトが緑色に変わって数秒間点滅し、その後消灯します。ライトが消灯したら、USBメモリを抜いてコンピューターに接続し直します。
  • コンピューターでUSBメモリを取り外すように指示されるまで待ちます。

CineMate 1 SR systemの更新中は以下に注意します。

  • USBメモリを差し込む前に、システムの電源がオンになっていて、Acoustimassモジュールでオレンジ色のLEDが点灯していることを確認してください。
  • 更新中にAcoustimassモジュールに赤色のLEDが表示された場合は、CineMate 1 SR systemからドライブを取り外し、電源コンセントを外して1分間たってから再度つなぎます。システムの電源がオンになっていることを確認して(オレンジ色のLEDが点灯)、ドライブを再び挿入します。
  • 問題を解決できない場合は、ボーズユーザーサポートセンター(0570-080-021)にお問い合わせください。

ヘルプメニュー

更新処理中にヘルプメニューを使用できます。ヘルプメニューから、以下の情報にアクセスできます。

  • 使用許諾契約書: 使用許諾契約書を確認します。
  • システム情報: Bose CineMate 1 SR systemの現在のソフトウェアバージョン情報、およびご使用のコンピューターとオペレーティングシステムに関する情報が表示されます。

よくあるご質問

CineMate 1 SR systemに更新アプリケーションを使用する目的は何ですか?

本アプリケーションは、ご使用のコンピューターに直接、簡単にソフトウェアの更新をダウンロードし、それをCineMate 1 SRシステムにインストールします。

CineMate 1 SR system用ソフトウェアのアップグレードが必要な理由は何ですか?

ソフトウェアを更新すると、システムを最適に機能させることができます。

システム用ソフトウェアを更新すると、CineMate 1 SR systemで新しいテレビや他の機器を遠隔操作できるようになりますか?

いいえ。他の機器を操作するためのコードはCineMate 1 SRのリモコンに保存されており、更新することはできません。CineMate 1 SRのリモコンでテレビや他の機器を操作する際に問題が発生した場合は、ボーズのカスタマーサービスにお問い合わせください。

この更新はWindowsとMacの両方で実行できますか?

はい。この更新に使用するWindowsやMacは、ダウンロードサイトに記載されているシステム最小要件を満たしている必要があります。

この更新でコンピューターに何か影響がありますか?

影響は一時的なものです。アプリケーションは、実行中に一時作業ファイルを作成し、このファイルを使用します。アプリケーションを終了して閉じた後、アプリケーション自体を含むすべての一時作業ファイルが削除されます。

どのような種類のUSBドライブが必要ですか?

10 MB以上の空き容量があるUSBドライブであれば、ほぼすべての製品を使用できます。ハードディスクとして認識されるドライブや、「複合デバイス」は機能しません。ドライブはFATまたはFAT32でフォーマットされている必要があります。

USBドライブは空のものが必要ですか?

いいえ。USBドライブに他のファイルが保存されていても、更新プロセスによる影響は受けません。ただし、同じUSBドライブで以前にボーズ製品の更新を行ったことがある場合は、更新プロセスを開始する前に、拡張子*.updのファイルがすべて削除されていることを確認してください。

更新にはどのくらいの時間がかかりますか?

更新をボーズWebサイトからコンピューターにダウンロードするのにかかる時間はほんの数分です。CineMate 1 SR systemでの更新の実行は最長で5分間です。

CineMate 1 SR systemのUSB端子はどこにありますか?

Acoustimass®モジュールの背面にあり、「Service」(サービス)という表示が付いています。