全品送料無料でお届け
 

ディスク互換性ガイド

次のディスクは、3∙2∙1システムと互換性があります。

映像互換性

DVD

DVD-R

DVD-RW

VCD

音声互換性

CD

CD-R

CD-RW

CD上のMP3

DVD-R DL(2層)、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DL、SVCD: これらの形式は公式にサポートされていません。ただし、ディスクのブランド、使用されたレコーディングソフトウェア、およびCD/DVDバーナーの品質によってはシステム上で再生する場合があります。次のディスクタイプのいずれかが再生できなかった場合は、その形式がサポートされていないことが原因です。

DVDオーディオ: 一部のDVDオーディオディスクには、すべてのDVDプレーヤー(Bose® DVDベースのシステムを含む)で再生可能なドルビーデジタルトラックが含まれています。ボーズのDVDベースのシステムはドルビーデジタルオーディオトラックしか再生しません。一部のDVDオーディオディスクには裏面にドルビーデジタルトラックが含まれています。それ以外のディスクにはディスクセットアップメニューにオプションが追加されています。DVDオーディオ形式を再生する場合は、専用のDVDオーディオプレーヤーを使用する必要があります。外部のDVDオーディオプレーヤーは、ボーズシステムに接続できたとしてもステレオ出力しか使用できません。ボーズシステムには、DVDオーディオプレーヤーからのマルチチャンネル出力を受け取るためのマルチチャンネル入力ジャックが付いていません。

スーパーオーディオCD(SACD): システムはハイブリッドSACDディスク上の標準のCDオーディオトラックしか再生しません。ハイブリッドディスクには、SACD形式と標準のCD形式の両方が含まれています。SACDディスクがハイブリッドでない場合は、専用のSACDプレーヤーが必要です。このプレーヤーをステレオ入力またはAUX INを使用してボーズシステムに接続します。ボーズシステムにはマルチチャンネル入力ジャックが付いていないため、SACDプレーヤーからのサウンドがステレオで配信されます。

DualDisc: DualDiscのCD面は、PhillipsやSony Red Book標準に準拠していません。また、DualDiscはCDロゴの表示を許可されていません。DualDiscのCD面は一貫してまたは全く再生できない場合があります。ほとんどのDualDiscに次の警告のどちらかが表記されています。

「This disc is intended to play on standard DVD and CD players.It may not play on certain car, slot-load players and mega-disc changers」

「The audio side of this disc does not conform to CD specifications and therefore not all DVD and CD players will play the audio side of this disc」

DualDiscのDVD面はDVDフォーラムの仕様に準拠しています。DualDiscはDVDロゴの表示を許可されています。

MP3の互換性要件

ボーズシステムは、64kbps未満のレートで録音されたMP3を再生しません。音質がその時点よりも大幅に劣化します。ボーズシステムでは、さまざまなビットレートで録音されたMP3を読み取るときに問題が発生する場合があります。トラックが再生されても、ビットレートが64kbpsを下回る場合は、デコーダーが音を再生するのに十分なデジタル情報を取得できません。音量調整機能を使って作成されたMP3はボーズシステムと互換性がありません(CDリッピングソフトウェア、MusicMatchの現行バージョンには音量レベリング機能が用意されており、有効にすることで、全トラックわたり一貫した音量のMP3が作成されます)。MP3ファイル名には1つのピリオド「.」だけを含める必要があり、システムは.MP3拡張子でファイルタイプを識別します。たとえば、「HILL ST.BLUES.MP3」のようにファイル名に2つのピリオドが含まれている場合、システムは誤って「.BLUES」ファイルと解釈します。グラフィックスや歌詞などの情報はシステムで認識されない場合があります(最新のCDリッピングプログラムではID3バージョン1と2のタグの区別がしやすくなっているため、バージョン2からバージョン1に変換することもできます)。Microsoft Internet Explorerを使用してファイルをハードドライブからCDにドラッグアンドドロップするソフトウェア(Direct CDなど)は使用しないでください。このCD焼き付け方式では、システムと互換性のないCDが生成されます。実際のユーザーインターフェースを表示するソフトウェアプログラムを使用してください。

推奨MP3形式

ボーズシステムは、シングルセッション混合モードディスクを含むシングルセッションディスクとマルチセッションディスクと互換性があります。CDはファイナライズしないと、Lifestyle®システムおよび3∙2∙1システム上で再生することができません。Wave®音楽システムとTriPort® CDシステムは、ファイナライズされていないCDを再生します。次の形式が推奨されています。

リンク付きセッションとリンクなしセッション

国際的な(英語以外の)TTAGおよびID3タグ情報

UDF形式と互換性がある: 固定または可変パケット、バージョン1.5または2、UDF/ISOブリッジ、Easy CD形式(別の方式を使用)

モード1とモード2(フォーム1とフォーム2)

ディスク形式ISO9660(拡張ありと拡張なし)

ISOイメージ経由のMacintosh焼き付けディスク

MPEG 2.5レイヤー3

MP3のヒント

CDは、1つのセッションのみで焼き付ける必要があります。マルチセッションディスクは再生されても、必ずしも互換性があるわけではないため、音が途切れる可能性があります。CDは、44.1 khzのサンプリングレートを使用し、128 kbps以上でリッピングしてください。

こちらは役に立ちましたか?

送信

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。