全品送料無料でお届け
 

システムからのフィードバック

マイクや楽器をスピーカーから離します。
マイクまたは楽器(アコースティックギターなど)がスピーカーに近すぎる可能性があります。スピーカーのすぐ前に立ったり、マイクや楽器をスピーカーに向けたりしないようにします。

ボーカリスト/アナウンサーをマイクの近くに移動してもらいます。
適切なマイク技術が不可欠です。マイクを口から1.5~2.5センチ離した状態を維持すると、フルトーンの声を捕捉できるため、マイクを増幅する必要なく、声が十分に聞こえます。かなり大きな声で歌っているときは、マイクを少し離すか、頭を右または左に少し動かすかしてください。ダイナミクスを下げるときは、通常の位置に戻します。

レベルが適切に設定されていることを確認します
レベルの設定が適切でないと、パフォーマンスが低下します。レベルを設定する際は、次のガイドラインに従ってください。

  1. 信号LEDをチェックし、入力トリムレベルが十分に高いことを確認します。緑色の点灯は、信号が強いことを示しています。
  2. LEDが緑色に点灯していない場合は、LEDが赤色になる直前まで入力トリムレベルを上げます。
  3. 入力トリムレベルが正しい場合は、チャンネルの音量、マスター音量を目的のレベルまで上げます。

正しいToneMatchプリセットが選択されていることを確認します。
誤ったプリセットは音質に影響する場合があります。マイクまたは楽器用の正確なプリセットがない場合は、コントロールを「Flat」(フラット)に設定します。

不要な処理が適用されていないことを確認します
不要なリバーブ、ディレイ、圧縮、ゲーティング、EQエフェクト(zEQ、パラメトリックEQ)、またはすべてのエフェクト(影響を受けるチャンネルのFXミュート)を無効にします。

こちらは役に立ちましたか?

送信

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。