全品送料無料でお届け
 

システムコンポーネントの設置

適用対象:

以下のガイドラインに従ってシステムを設置してください:

各スピーカーの底面に、1組の小さいゴム足を取り付けます。

左右スピーカーを設置します:

左右は約90 cm以上離す

テレビ画面から約90 cm以内の距離

棚の前端付近に設置

棚の前端付近に設置

Acoustimass®モジュールの脚に大型ラバーフィートを取り付けます。

次に従ってAcoustimassモジュールを設置します:

室内のスピーカーとテレビが設置されている側

画面の干渉を避けるためテレビから約90 cm以上離す

磁気による損傷を避けるため、オーディオまたはビデオテープから約75 cm以上離す

インターフェースモジュールのケーブルとAC(電源)電源コンセントが届く範囲内

パフォーマンスのバランスがとれるよう、フロントポートが壁と反対向き、または壁に沿うように配置

テーブルの下、ソファや椅子の後ろ、カーテンの裏に隠す

インターフェースモジュールを設置します:

テレビおよびほかのホームシアター装置付近の平面

Acoustimassモジュールから約4.5 m以内の範囲

注:

Acoustimassモジュールは電源コンセントに接続されるこのシステム唯一のパートです。

インターフェースモジュールはコマンドをリモコンから受け、CineMate systemの音声入力コネクターに供給します。リモコン操作でスピーカーの電源をオンにする、音量を変える、無音にする、スピーカーシステムの電源をオフにすることができます。

インターフェースモジュールを棚に設置するときは、モジュールの前端が棚の前端と同一面上になるようにしてください。高い棚の場合は、モジュールの前端が棚の前端からわずかに突出するように配置し、棚によってリモコンからの信号が遮断されないようにしてください。直射日光があたる場所に設置しないでください。

使用前にインターフェースモジュール前部のレンズ保護フィルムをはがしてください。

インターフェースモジュールやテレビなどリモコン操作される装置は、間に物を置かないなど、リモコンコマンドが遮断されないように配置してください。

注意:

インターフェースモジュールを設置するときは、テレビや電子装置の換気口をふさがないようにしてください。

Acoustimassモジュールを筐体の中、ベッドやソファの上、モジュール底部および背面の換気口がふさがれる場所に設置しないでください。

次の図は、提案されるシステムの配置を示しています。

こちらは役に立ちましたか?

送信

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。