全品送料無料でお届け
 

コントロールモジュール操作スイッチを設定する

操作スイッチは、自動オフ機能とインターコム音声の選択を制御します。

操作スイッチを切り替えるには、次の手順に従います。

バッテリーコンパートメントを開けます。お困りの場合は、「バッテリーコンパートメント」を参照してください。

バッテリーがすでに入っている場合は取り出します。AUDIO(オーディオ)とAUTO-OFF(自動オフ)の各スイッチが見えます。

スイッチのポジションを変更するには、ペンか先端が平らな小型ドライバーでスイッチをそっと動かします。

次のリストは、各スイッチの使用できるポジション、初期設定、および目的について説明しています。

「auto off」(自動オフ)機能(on(オン)、off(オフ) デフォルト:on(オン)):
オンのとき、ヘッドセットが3~9分間作動しないと、電源が切れます。ヘッドセットがオフのとき、acoustic noise cancelling®テクノロジーは、電源ボタンを1秒間以上押し続けるまで動作を続けます。

モノラル/ステレオの選択(モノラル、ステレオ デフォルト:mono(モノラル)):
モノラルにセットすると、モノラルインターコムからの音声が両耳で聞こえます。ステレオインターコムで機内接続する場合は、ステレオに設定してください。

自動オフ機能

自動オフ機能は、バッテリー電源を長持ちさせるため、ヘッドセットが使用されていないことを検出すると数分後に電源をオフにします。電源をオフにするまでに要する正確な時間は、3分から9分の間で変動します。

バッテリーのみでヘッドセットを使用し、プラグをインターコムに接続していないとき、AUX入力からのオーディオ再生があってもそれを遮断します。

インターコムの接続を外して通話を行っているとき、ヘッドセットは通話が終了するまで待ち、通話終了の約3秒後に電源オフになります(bluetooth®対応コントロールモジュールのみ)。

インターコム接続プラグを外して、ヘッドセットを使用してAUX入力オーディオを聞くとき、または通話や受信のためにヘッドセットを使用する場合は、自動オフ機能を無効にして機能性を維持してください。

こちらは役に立ちましたか?

送信

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。