全品送料無料でお届け
 

コントロールモジュール操作スイッチを設定する

適用対象:

ヘッドセットは出荷時に初期設定されています。初期設定を変更するには、コントロールモジュールのバッテリーコンパートメント内部にある操作スイッチを切り替えます。

指でくぼみを強く押しカバーをスライドさせ、バッテリーコンパートメントを開きます。カバーはモジュールにつながれています。取り外さないでください。

電池が入っている場合は取り出します。バッテリーコンパートメント内で、スイッチのポジションを確認および変更できます。

スイッチのポジションを変更するには、ペンか先端かマイナスの精密ドライバーでスイッチをそっと動かします。

コントロールモジュール操作スイッチ

予備:
将来的に使用する予備です。

 

「Auto On」(自動オン)(航空機の電源を使用したヘッドセットの場合にのみ利用可能):
初期設定で、自動オン機能が有効になるように設定されています。航空機の電源が利用可能になると、ヘッドセットの電源が入ります。自動オンを無効にするには、「OFF」(オフ)に切り替えます。スイッチが「OFF」(オフ)のポジションのときは、ヘッドセットの電源を手動で入れる必要があります。

 

航空機のオーディオ:
インターコムの感度をNormalまたはLow(-12dB)に設定します。

 

「INTERCOM」(インターコム)(2チャンネルまたはステレオインターコムシステムをサポートしているヘッドセット設定の場合に限り利用可能):
ほとんどの設定について、初期設定でモノラルオーディオシステム用に設定してください(音声が両耳で聞こえます)。航空機がステレオインターコムの場合はステレオ(ST)に設定してください。

 

自動オフ:
初期設定で、自動オフ機能が有効になるように設定されています。3~9分間作動しないと、ヘッドセットの電源が切れます。自動オフを無効にするには、スイッチを「OFF」(オフ)に設定します。スイッチが「OFF」(オフ)の位置のときは、ヘッドセットの電源を手動でオフにする必要があります。

 

タップコントロール:
初期設定では、タップコントロールは無効になっています。タップコントロールを有効にして、イヤホンをダブルタップすると、イヤホンのノイズキャンセリングモードをLow、またはコントロールモジュールの「Acoustic Noise Cancellation」(アコースティックノイズキャンセリング)に切り替えできます。

情報は役に立ちましたか?

フィードバックへのご協力ありがとうございました。他に何かございましたら、以下からお知らせください。
ご期待に添えず申し訳ありませんでした。ご意見やご要望がありましたらお知らせください。
送信
Thanks, we appreciate the additional feedback you’ve provided