全品送料無料でお届け
 

システムをセットアップする

以下のガイドラインに従って、3•2•1ホームエンターテイメントシステムのコンポーネントを設置する場所と位置を決めます。すべてのシステムコンポーネントがメディアセンターに接続されることに留意してください。Acoustimass®モジュールは、システムの中で唯一電源コンセントに接続する部分です。

注: これらのガイドラインは最良のシステム性能が得られるようにすることを目的としていますが、場合によっては他の配置を選んだ方がより便利で、好みのサウンドになることもあります。

メディアセンターの配置

通気孔は塞がないでください。製品の信頼できる動作を確保し、過熱を防ぐため、適切な通気を妨げない場所や位置に製品を配置します。たとえば、ベッドやソファの上、あるいはそれらと似たような通気孔を塞ぐ可能性のある面に製品を配置しないでください。また、書棚やキャビネットなど、通気孔の空気の流れを妨げる可能性のある造り付けの構造に製品を配置することも避けてください。

メディアセンターは、ディスクトレイの開口を妨げない場所に配置します。

メディアセンターはAcoustimassモジュールやスピーカーの十分近くに配置し、すべてのケーブルが届くようにします。

メディアセンターは追加のソースコンポーネント(テレビ、CDプレーヤー、VCRなど)の十分近くに配置し、すべてのケーブルが届くようにします。

3•2•1スピーカーの配置

3•2•1ホームエンターテイメントシステムがもたらすオーディオサラウンド効果が存分に楽しめるスピーカーの位置を選びます。2台のスピーカーをテレビの上、またはテレビの画面から左右に等距離離れた位置に配置します。両方のスピーカーがおおよそ同じ高さになるようにします。

各スピーカーとテレビ画面の端との間隔は1 m以内にします。スピーカーをテレビから1 m以上離すと、サウンドが映像から分離される可能性があります。

本棚やホームエンターテイメントユニットを使用する場合は、各スピーカーを他の端の前面に配置します。囲まれたスペースの奥の方にスピーカーを配置すると、全体的な音質や映画のサウンド効果が変わることがあります。

サラウンド音響体験を最適化するため、スピーカーは互いに1 m以上離す必要があります。

3•2•1および3•2•1 GSシステムのスピーカーは、底面を下にして(Boseロゴが上下逆様にならないように)置いたときにのみ安定するよう設計されています。

3•2•1または3•2•1 GSシステムの各スピーカーは、リスニングエリアの方にまっすぐ向けます。スピーカーを斜めに配置しないでください。一方または両方のスピーカーをリスニングエリアに対して斜めに向けると、システムの性能が大幅に変わります。

Acoustimass®モジュールの配置

Acoustimass®モジュールの場所を決める際、以下のガイドラインを考慮してください。

以下のような場所に配置します。

メディアセンターと電源コンセントにケーブルが届く範囲

室内の、テレビやスピーカーと同じ側

テレビから1 m以上離れたところ(磁気シールドが施されていないAcoustimassモジュールからの干渉を防ぐため)

ポートや通気孔が塞がれないようにします。

便利な場所(テーブルの下、ソファや椅子の背後、カーテンで遮られている場所)で、なおかつモジュールの通気孔が塞がれないところを選びます。

モジュールのポートを室内または壁に沿った方向に向けます。これにより、ポートが塞がれたり、低音が効きすぎたりすることがなくなります。

Acoustimassモジュールは脚部を下にして立てます。寝かせたり、他の面を下に向けたりしないでください。

注: モジュールの背面にある開口部を塞がないでください。これは内蔵回路の通気孔となります。

スピーカーとメディアセンターを指示どおりに配置すれば、室内のどこに座っていても、あるいは部屋を歩き回っていても、音を聞き漏らすことなく音楽を楽しむことができます。

システムコンポーネントの接続

3•2•1および3•2•1 GSホームエンターテイメントシステムの各コンポーネントは、システムに付属するカスタムケーブルによって、メディアセンターを介して接続されます。メディアセンターの背面にあるジャックにはラベルが付いており、初めてでもすべてのコンポーネントを簡単に接続できます。

スピーカーの接続

スピーカーケーブルのシングルプラグの側をメディアセンターの背面パネルのSPEAKERSコネクターに差し込みます。プラグの両側にあるネジを手でしっかり締めて、プラグが外れないようにします。ネジを強く締めすぎないでください。

スピーカーケーブルの反対側にある2つのコネクターを持ち、ケーブルの2本のより線を各スピーカーに届くように引き離します。

LEFTというラベルが付いたコネクターを左スピーカーの背面にあるジャックに差し込みます。

RIGHTというラベルが付いたコネクターを右スピーカーの背面ジャックに差し込みます。

Acoustimass®モジュールの接続

Acoustimass®モジュールの背面で、MEDIA CENTERというラベルが付いたジャックを探します。モジュールケーブルの直角コネクターをMEDIA CENTERジャックに差し込みます。

メディアセンターの背面パネルで、ACOUSTIMASS MODULEというラベルが付いたジャックを探します。モジュールケーブルのもう一方の端をACOUSTIMASS MODULEジャックに差し込みます。

モジュールケーブルの両側にある2本のネジを手でしっかり締めます。

最後に、電源コードの小さいコネクターの側をモジュールのAC INPUTジャックに差し込みます。電源コードの大きいコネクターの側を電源コンセントに差し込みます。

こちらは役に立ちましたか?

送信

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。