全品送料無料でお届け
 

システムのセットアップ

ToneMatchパワーサプライとの接続

ToneMatchパワーサプライはT4S/T8Sミキサーに電源を供給します。

  • T4S/T8Sパワーポートにパワーサプライケーブルを差し込みます。
  • 電源コードの一端を電源アダプターに接続します。
  • AC電源コードのもう一端を、コンセントに差し込みます。
  • 電源スイッチをオンにします。

    注: T8Sに付属のパワーサプライはT8Sの動作に必須です。パワーサプライをT4Sに使用することもできますが、動作に必須ではありません。

T4Sミキサーへのデジタル接続

注記: T8SはL1 Model 1S/IIとデジタル接続することはできません。また、L1 Model 1S/IIからT8Sに給電することもできません。

  • L1 Model 1S/IIとT4Sの電源がともにオフで、T4Sのマスター音量調節が最小の位置にあることを確認します。
  • ToneMatchケーブルの一端をT4Sのパワーポート/デジタルメイン出力Rコネクターに差し込みます。ToneMatchケーブルのもう一端をパワースタンドのToneMatchポートに差し込みます。

    注: T4Sを2台のL1 Model 1S/IIパワースタンドと接続する場合は、2台目のパワースタンドとT4Sのデジタルメイン出力LコネクターをToneMatchケーブルで接続してください。
  • ミキサーの電源を先に入れ、次にL1 Model 1S/IIパワースタンドの電源を入れます。
  • 楽器/マイクを接続し、レベル調整を行います。

T4SまたはT8Sミキサーへのアナログ接続

  • T4S/T8Sに接続する機器とT4S/T8Sの電源がともにオフで、T4S/T8Sのマスター音量調整が最小の位置にあることを確認します。
  • T8SのXLRステレオ出力と、1台ないし2台の機器をバランスXLRケーブルで接続します。

    注: T4S/T8SはアナログR出力からTRSフォーンケーブル(別売)を使って1台の機器と接続することも可能です。TRSフォーンケーブルのもう一端を機器のアナログ入力ポートに接続します。T4S/T8Sを2台の機器と接続する場合は、2台目の機器を、TRSフォーンケーブルを使ってT4S/T8SのアナログL出力に接続します。
  • ToneMatchパワーサプライをT4S/T8Sのパワーポートに接続し、AC電源プラグをコンセントに差し込みます。
  • T4S/T8Sミキサーの電源を先に入れ、次に機器の電源を入れます。
  • 楽器/マイクを接続し、レベル調整を行います。

こちらは役に立ちましたか?

送信

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。