全品送料無料でお届け
 

システムメニューを使用する

システムのオプションを変更するのは、通常は一度だけです。システムの機能に満足であれば、変更する必要はありません。選択したインストールオプションにシステムを適合させるために変更が必要になることがあります。

システムメニューの表示と使用

ソースの「Settings」(設定)メニューとは異なり、システムメニューが表示されるのはテレビ画面のみです。

テレビの電源をオンにして正しいテレビ入力を選択し、3∙2∙1システムからの映像を視聴します。

リモコンのシステムボタンを押します。  「AUDIO」(オーディオ)オプションが選択された状態で、システムメニューが表示されます。ここには、各種オーディオオプションのリストが表示され、変更が可能です。システムメニューが表示されると、DVDまたはVCDは一時停止します。

リモコンのナビゲーションパッドの矢印ボタンを使用して、システムメニューの目的の項目に移動し、「ENTER」(決定)を押して項目を選択します。選択した項目は、メニュー内で黄色にハイライト表示されます。

いつでも、「EXIT」(終了)を押してメニューを終了します。

オーディオ

オーディオオプションを使用して、ホームシステムの音声を調整できます。

システムオプション設定と説明
低音補正
  • デフォルト設定:  0(オプション:  -14~+14)
  • 0は標準の低音域性能を示します。
  • - 「-」と「+」を使用して低音レベルを上下できます。
高音補正
  • デフォルト設定: 0(オプション: -14~+14)   
  • 0は標準の高音域性能を示します。
  • - 「-」と「+」を使用して高音レベルを上下できます。
オーディオ処理
  • デフォルト設定: 自動(オプション: User adjustable(ユーザー調整可能))
  • 「Automatic」(自動)はBose®処理を標準として維持します。
  • 「User adjustable」(ユーザー調整可能)に設定すると、「Settings」(設定)メニューに処理オプション(「Movie EQ」(映画EQ)、「Range Compression」(レンジ圧縮)、「Mono Decoding」(モノデコード))が表示されるようになります。

Input levels(入力レベル):

TV Analog or Digital(TVアナログまたはデジタル)

 

CBL∙SAT Analog or Digital(CATV/BS/CSアナログまたはデジタル)

 

AUX Analog or Digital(AUXアナログまたはデジタル)

  • デフォルト設定: 「Normal」(標準)(オプション: -6、-3、+3、+6)
  • 接続先のコンポーネントの入力に合わせて音量レベル設定を上げ下げします。この設定を使用して、BoseメディアセンターでオーディオをDVDまたはFM∙AMから接続コンポーネントに切り替える際の急激な音量の変化を最小限にします。
  •  

    注: AM・FMまたはテレビチャンネルの音量は、放送局や番組によって異なる場合があるため、オーディオコンポーネントで音量を調整することをお勧めします。

ビデオ

システムオプション設定と説明

Widescreen TV(ワイド画面テレビ)

  • デフォルト設定: 「Yes (16:9)」(はい(16:9))(オプション: 「No (4:3)」(いいえ(4:3)))
  • ワイドスクリーンテレビの縦横比は16:9です。
  • フルスクリーンテレビの縦横比は4:3です。
「DVD Image」(DVD画像)
  • デフォルト設定: 「Modified」(修正)(オプション: 「Original」(オリジナル))
  • 「Modified」(修正)に設定されている場合、ボーズシステムは、ワイドスクリーンDVDの画像が縦横比4:3のテレビ画面全体に収まるように表示します。その場合、画面上下の黒いバーは取り除かれ、画像の両端は切り取られます。(多くのDVD画像は、ワイドスクリーンでも上下に黒いバーがある状態で表示されます)。
  • 「Original」(オリジナル)に設定されている場合は、ボーズシステムはDVD画像の元の形式を維持します。ワイドスクリーンDVD画像は、上下に黒いバーがある状態で表示されます。
  •  

    注: このオプションを使用できるのは、「Widescreen TV」(ワイドスクリーンテレビ)オプション(上記)で「No」(いいえ)を選択した場合のみです。

Video Connector(ビデオコネクター)
  • デフォルト設定: 「Composite + S-Video」(コンポジット+S映像)(オプション: 「component」(コンポーネント))
  • メディアセンターの背面に現在接続されているビデオコネクターのタイプを特定します。

 

注: この設定は調整できません。

TV video format(テレビ映像形式)
  • デフォルト設定: NTSC(米国)(オプション: PAL(ヨーロッパ)(Multistandard)(マルチスタンダード))
  • NTSCはNTSC(米国の標準)モニターに適切な設定です。
  • 「PAL」はPAL(ヨーロッパの標準)モニターに適切な設定です。
  • 「(MULTISTANDARD)」は、複数のフォーマット(NTSCとPAL)をサポートしているテレビの場合にのみ選択します。
Video Black Level(映像の黒レベル)
  • デフォルト設定: 「Normal」(標準)(オプション: 「Extended」(拡張))
  • 「Normal」(標準)は、ほとんどのテレビに適合する画面ブラックレベルです。
  • 「Extended」(拡張)は、画面上の黒の明度を下げます。
Progressive Scan(プログレッシブスキャン)
  • デフォルト設定: OFF(オフ)(オプション: ON(オン))   
  • 「Off」(オフ)設定: 画像がインターレース信号(480i)として表示されます。
  • 「On」(オン)設定: 画像がプログレッシブ信号(480p)として表示されます。

 

注: テレビによって、これらのオプションの違いが小さい場合と大きい場合があります。テレビに最適なオプションを選択してください。

メディアセンター

システムオプション

設定と説明
「Display Brightness」(ディスプレイの明るさ)
  • デフォルト設定: 4(オプション:  1~4)
  • 4: メディアセンターのディスプレイに最大輝度でテキストが表示されます。
  • 1~4: 数字が小さくなるほど、ディスプレイ上のテキストが暗くなります。
「Display Language」(表示言語)
  • デフォルト設定: English(英語)(オプション: 「Dansk」(デンマーク語)、「Deutsch」(ドイツ語)、「Español」(スペイン語)、「Français」(フランス語)、「Italiano」(イタリア語)、「Nederlands」(オランダ語)、「Svenska」(スウェーデン語))
  • 選択した言語で画面上のメニューが表示されます。
Optical Source(光入力ソース)
  • デフォルト設定: 「CBL∙SAT」(CATV/BS/CS)(オプション: 「TV, AUX」(テレビ、外部入力))
  • 光信号の接続は、CBL∙SATソースに割り当てられています。「TV」および「AUX」を選択すると、光信号の接続が別のソースに割り当てられます。

 

注: 同じソースでは、常にアクティブな光信号がアナログ接続に優先されます。

Tuner Spacing(チューナーの調節単位)
  • デフォルト設定: 「US」(米国)(オプション: 「European」(ヨーロッパ))
  • AM局とFM局の間の増分間隔には、その地域の標準が適用されます。

Bose® Link

 

ルームコード

  • デフォルト設定: B(オプション: C、D、E、F、G、H、I、J、K、L、M、N、O)
  • 3∙2∙1システムを固有のコードにリンクして、2つ目の室内サウンドソースとしてBose Linkを連動させます。

 

注: この機能は、互換性のあるLifestyle®システムでのみ使用できます。

「Restore Settings」(設定の復元)
  • デフォルト設定: 「No」(いいえ)(オプション: 「Yes」(はい)) 
  • 「No」(いいえ): 「Settings」(設定)メニューで行った変更を維持します。
  • 「Yes」(はい): 「Settings」(設定)メニューで選択したすべての内容を工場出荷時設定に戻します。

DVD Lock(DVDロック)

「DVD Lock」(DVDロック)オプションでは、特定のレーティングのDVD映像の視聴を制限することができます。この機能を有効にするには、このセクションで制限レベルとパスワードを設定する必要があります。

システムオプション設定と説明
「Lock Unrated Discs」(レーティングなしのディスクのロック)

設定: 「OFF」(オフ)、「ON」(オン)

 

  • 「OFF」(オフ): レーティングがないDVD映画に適用される制限はありません。
  • 「ON」(オン): パスワードが設定されている場合に、レーティングなしのタイトルへの視聴アクセスを制限します。
「Lock Discs Rated Above」(このレイティング以上のディスクをロックする)

設定: 1~8

 

パスワードを作成すると、選択した番号を超えるレーティングの場合、ディスクを視聴できないようにすることができます。

「Manage DVD Password」(DVDパスワードの管理)特定のレーティングが設定された映画の視聴を制限するための、新しい4桁のコードを設定します。

こちらは役に立ちましたか?

送信

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。