全品送料無料でお届け
 

いつでも、どこでも、プロフェッショナルなサウンドを

NEW S1 Pro system

概要

概要

どんな時も、どんな場所でも、最高の演奏を

Bose S1 Proで、最高のパフォーマンスを聴かせよう。ミュージシャン、DJのためのスピーカーとしてはもちろん、PA機材としても設計されたS1 Proは、フロアモニターやアンプとしても使えるオールインワンPAシステム。また、Bluetooth®を繋げれば、どんな場所でもお気に入りの音楽を、大迫力で楽しむことができます。

軽量なのに頑丈なボディ。しかもハンドル付きだから、簡単に持ち運べます。オプションの充電式リチウムイオンバッテリーを使えば、電源がなくても長時間の演奏が可能です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ボリュームコントロールとシグナルインジケーターを装備した3チャンネルのミキサー。

ch1/ch2入力はフル機能を実装。コンボジャック(XLR+TRS/TS)を採用し、各チャンネル専用のToneMatch、トーンコントロール、リバーブを搭載。

ch3入力はBluetooth®ストリーミング(ワイヤレス)、または3.5 mm端子(ワイヤード)に対応。

他のシステムと接続して拡張するために専用ライン出力を装備。

標準の35 mmポールマウントに対応、スピーカースタンドに設置可能。

どこにでも、連れ出そう

S1 Proは、重さ約6.8 kgの軽量設計。頑丈なボディで移動も安心。車からライブ会場に簡単に持ち運べます。

プロフェッショナルなサウンドを

S1 Proは、フル機能のリバーブ付き3チャンネルミキサーを搭載し、Bluetooth®ストリーミングにも対応。モバイル機器からワイヤレスで音楽を再生しているときも、マイクやアコースティックギターには最適なサウンドをToneMatchプロセッシングが実現します。

アンコールだって、何度でも

オプションの充電式リチウムイオンバッテリーを使えば、電源がなくても長時間の演奏が可能です。バッテリーは本体内部の専用スペースに装着。時間がない時は、急速充電機能が役立ちます。

置くだけで、すぐに演奏

S1 Proに内蔵されたセンサーが設置ポジションを検知、それぞれに合った音質に自動調整します。フロアやテーブル、スピーカースタンドなどに設置しても、Auto EQが最適なサウンドをお届けします。

いつでも、どこでも、心に響くパフォーマンスを、思いのままに

アーティストにも、オーディエンスにも、より良い音で音楽を聴かせたい。S1 Proはスピーカー、フロアモニター、アンプなど、幅広い用途や音源に対応し、どこでもすぐに演奏が可能な、究極のオールインワンPAシステムです。

思いのままのサウンドを

いつでも、どこでも、迫力のサウンドをすぐに演奏できる、コンパクトで便利なPAシステムです。

どこへでも、気軽に

ハンドル付きで軽量。簡単に持ち運べるウルトラポータブル設計。

プロフェッショナルなサウンドを

内蔵の3チャンネルミキサーでは、2つのチャンネルで専用に使えるToneMatch、リバーブ、EQコントロールを搭載。さらに、3.5 mm端子(ワイヤード)、あるいはBluetooth®(ワイヤレス)で音源を入力する専用のチャンネルを用意。

パワフルなBluetooth®スピーカーとしても

ワンタッチでペアリング、モバイル機器から高品質のBluetooth®ストリーミング再生が可能。

置くだけで、すぐに演奏

ポジションに応じて、自動で音質を最適化するAuto EQを搭載。どんな設置方法でも最高のサウンドでパフォーマンスできます。標準の35 mmポールを使ったスピーカースタンドにも対応。

アンコールだって、何度でも

オプションの充電式リチウムイオンバッテリーを使用すれば、電源のない場所でも長時間のパフォーマンスが可能。さらに便利なクイックチャージ機能付き。

仕様

仕様

外形寸法/質量

  • 本体:33.0 cm(H) x 24.1 cm(W) x 28.6 cm(D)(6.8 kg)

入出力

  • コンボ入力(XLR + TRS/TS) x 2
  • 3.5 mm入力
  • Bluetooth®入力
  • TRSライン出力

その他の詳細

  • ワイヤレス通信距離: 最大9 m
  • オプションの充電式リチウムイオンバッテリー

同梱物

  • S1 Pro system
  • スリップカバー
  • 電源ケーブル
レビュー
  • bvseo_sdk, java_sdk, bvseo-2.2.0.4
  • getReviews, method:CLOUD, 0ms
  • REVIEWS, PRODUCT
  • bvseo-msg: The resource to the URL or file is currently unavailable.;
よくあるご質問

よくあるご質問

S1 Pro systemは他のPAシステムと何が違うのですか?

S1 Proは究極のオールインワンPAシステム。フロアモニター、練習用のアンプ、メインミュージックシステムとしても使えます。Auto EQにより設置ポジションに合わせて、最適なサウンドをお届けします。さらに、S1 Proには3チャンネルのミキサー、リバーブ、Bluetooth®ストリーミング、ToneMatchプロセッシングが搭載されており、どこにでも持ち運べるPAとして、すぐに使い始めることができます。

どのようにセットアップすればよいのですか?

  1. 用途に合わせて製品の置き方を選びます。
  2. AC電源コードを接続するか、オプションのバッテリーを装着します。
  3. オーディオソースと接続します。ギターまたはマイクを使う場合は、ToneMatchスイッチを適切な位置に設定します。
  4. システムの電源を入れて、ボリュームを調整します。

S1 Pro systemはどのように設置するのがベストですか?

さまざまな使用を想定したS1 Proは4つの異なるモードで使用可能、用途に合わせて設置できます。

テーブルの上
テーブルなどの高さのある設置面にS1 Proを設置します。すべてのオーディエンスにクリアなサウンドが届きます。豊かな低域、きれいに伸びた高域、このレンジ感がオーディエンスの心をつかみます。

後ろに傾ける
聴衆との距離が近い演奏では、S1 Proを後ろに傾けます。最適なサウンドを届けるためには、聴衆に対して音の妨げにならないように、演奏者がスピーカーの片側に立つか座る必要があります。

モニターモード
S1 Proを個人用のフロアモニターとして使用するには、S1 Proを演奏者の前方の地面に水平に配置します。スピーカーを横向きにして傾けます。選択したモードに合わせて、ボーズのロゴを反時計回りに回転させてください。

スピーカースタンド
一般的なPAスピーカーとして使用するには、1台または2台のS1 Proをスピーカースタンド(別売)にセットします。

Auto EQとはどのような機能ですか?

内蔵されたセンサーが設置ポジションを検知、Auto EQがそれぞれに合った音質に自動調整します。置き方を変えると、新たにその向きに対して音質を自動調整、常に最適なサウンドをお届けします。

小型化されたS1 Pro systemは、L1 Compact systemと同じくらい遠くまでサウンドが届きますか?

S1 Proの水平カバレージはL1 Compact systemとほぼ同じです。L1 Compact systemのように長いラインアレイは、S1 Proの小型のアレイよりも、遠くまでレベルを落とさずサウンドを届けることができます。

S1 Pro systemはモバイルDJに向けて設計されていますか?

はい。ポータブル性能を高め、セットアップが容易で、プロフェッショナルな高品質サウンドを生み出すS1 Proは、小型PAシステムとしてさまざまなシーンでその真価を発揮します。DJイベント、コミュニティーやスポーツのイベント、ビジネスプレゼンテーションなど、高性能で使いやすいPAが求められるすべてのシーンのために設計されています。

S1 Proはクラス最高のBluetoothストリーミングに対応しており、ボタン1つでペアリングすることができます。3.5 mm入力で、DJミキサー、ノートPC、CDプレーヤー、その他の小型オーディオ機器を有線で接続することも可能です。ダイナミックハンドマイクをどちらかのマイク/楽器入力に接続すれば、すぐにマイクを使えます。

DJイベントでは、S1 Proを2台使い、ステレオでパフォーマンスすることをお勧めします。大規模DJイベントでは、さらにS1 Proを追加してサテライトシステムとして使用すると便利です。

内蔵ToneMatchプロセッシングのメリットは何ですか?

アコースティックギターまたはダイナミックハンドマイクに対して、ToneMatchプロセッシングにより最適なイコライゼーションが適用されることで、その音源が持つ音の特質を最大限に生かしたサウンドを引き出すことができます。

S1 Pro systemのチャンネル数を教えてください。

3つです。S1 Proには、マイク拡声または音楽演奏用に設計された、全機能を搭載したチャンネルが2つあります。また、Bluetoothストリーミングまたは3.5 mmソースから入力される、録音音源専用のチャンネルが1つあります。

S1 Pro systemには拡張用のアナログオーディオ出力がありますか?

はい。S1 Proには、マスターミックスを他のS1 Proやオーディオコンソールに送る、ラインレベルのバランス出力端子が装備されています。

S1 Pro systemはT4S/T8S ToneMatch Mixerと一緒に使えますか?

はい。ただし、動作させるにはユニバーサル電源アダプター(ToneMatch power supply)が必要です。ボーズの最先端の音質調整ライブラリーへのアクセス、フルセットのスタジオ品質のエフェクトとダイナミクスのプロセッシング、入出力の拡張、これらを必要とする音楽の演奏には、ToneMatch Mixerがお勧めです。

T4S/T8S ToneMatch MixerをS1 Proと使うときは、ToneMatch Mixerのマスター出力をS1 Proの入力1または2に接続して使います。ToneMatch Mixerのマスターレベルを50%以上に設定し、S1 Proの入力ボリュームを操作して必要な音量に調整します。

ステレオ出力の楽器または機器を活用する方法を教えてください。

1台のS1 Proで、2つのチャンネルを組み合わせて、1台のスピーカーで会場全体をカバーできます。ステレオでの再生が必須となる楽器または録音素材に対しては、S1 Proを2台使用して、ステレオのサウンドを出力します。

これほどの高い性能が、小型のS1 Pro systemからどのように引き出されるのですか?

すべてのスピーカーと電子回路が1つのシステムとして最高の性能を発揮するように、設計プロセスの中で細心の配慮がなされています。これにより、S1 Proはきわめて高い効率で、コンパクトなサイズはそのままに、音響出力の最大化が達成されています。

S1 Pro systemは防水設計ですか?

S1 Proは防水設計ではありません。通常の持ち運びにお使いいただけるスリップカバーを同梱しています。

Bose B1 bass moduleなどの外部サブウーファーをS1 Pro systemに接続できますか?

いいえ。S1 Proはbass moduleの追加はサポートしていません。しかし、S1 Proに搭載されたハイエクスカーションウーファーが、満足のいく量感の低音を響かせます。

S1 Pro systemはステージのどこに設置するのがよいのでしょうか?

S1 Proの設置場所についての難しい条件はなく、自由に設置できます。聴衆と演奏者の双方にとって最適なサウンドを生み出すには、システムを演奏者の真後ろ、または斜め後ろに設置します。

S1 Pro systemに内蔵のユニバーサル電源はどんなコンセントでも使えますか?

はい。S1 Proにはユニバーサル電源を内蔵しており、コンセントの電圧が100 V~240 Vの範囲にある地域でお使いになれます。購入された地域で適切にお使いいただける電源ケーブルが、製品梱包箱に同梱されています。

S1 Pro systemの保証期間を教えてください。

S1 Proの保証期間は2年間です。

S1 Pro systemはL1 systemと一緒に使えますか?

はい。すべて、同じステージ上で組み合わせて一緒に使うことができます。L1 Compact systemのように長いラインアレイは、S1 Proの小型のアレイよりも、遠くまでレベルを落とさずサウンドを届けることができます。

S1 Pro systemやL1ポータブルラインアレイシステムの詳細情報や、特長を最大限に引き出すヒントやコツを教えてください。

ボーズのコミュニティーサイトで、他のS1 Proのユーザーやボーズのプロダクトチームのメンバーと交流し、より詳細なプロダクトサポート情報を入手して、質問やコメントを投稿することができます。詳細は、http://bosepro.communityをご覧ください(英語のみ)。

サポート

サポート

マニュアル/ガイド

取扱説明書