ストア カート

マルチタスク用イヤホン:究極ガイド

カフェでミーティング中にBose Ultra Open Earbudsを装着中の人々

音楽を聴きながら、同時に周囲の音も聞こえるにようにするには、どうすればよいでしょうか。これは、一日中マルチタスクをしている人によく聞かれる質問です。これまで、この質問に対する満足のいく答えはありませんでした。イヤホンを外耳道に入れると、周囲の騒音は自然と遮断されてしまいます。アクティブノイズキャンセリングのアウェアモードにも、限界があるのです。しかし、音楽を聴きながら同時に周囲の音も聞こえるようにしたい方にとって、オープンイヤーヘッドホンは究極のゲームチェンジャーです。

新しいBose Ultra Open Earbudsは、その革新的なデザインによってマルチタスクに最適なイヤホンへと進化を遂げています。こうしたイヤーカフ型イヤホンでは、周囲の音が聞こえるだけでなく、非常に快適でもあり、長時間装着しても抜群の安定感を発揮します。しかも、見た目も抜群です。

オープンイヤーテクノロジーとは?

イヤーカフ型ヘッドホンを一見すると、次のような疑問が出てくるかもしれません。「実際、周囲の音はどの程度聞こえるのだろうか?」 「聴いている音が周囲の人に聞こえたりしないだろうか?」 「外耳道に入れないということは、このイヤホンは骨伝導テクノロジーを使っているのだろうか?」など。

このイヤホンは外耳道には入っていないものの、骨伝導で音を伝えているわけではありません(これは不快感を与え、音質の低下につながる可能性があります)。このオープンイヤーヘッドホンが代わりに採用するOpenAudioテクノロジーは、イヤホンと外耳道の間のごく短い距離にわたって、深みのある豊かなサウンドを響かせます。それぞれのイヤホンには、クリアで鮮明な音を装着者に伝えるよう調整された、極小のダイポールトランスデューサーシステムが搭載されています。この設計によって音漏れが最小限に抑えられ、一つひとつの音符を聴きとれるだけでなく、周囲の人を不快にさせることもありません。

音楽を聴きながら、同時に周囲の音も聞こえるにようにするには、どうすればよいでしょうか。

オープンイヤーデザインを採用したUltra Open Earbudsは、家の中でマルチタスクするのにうってつけのイヤホンです。家事や雑務、料理、庭仕事、さらにはリモートワークをこなしている間も、イヤホンを安定した状態に保ち続けることができます。また、装着中も周囲の音がしっかりと聞こえます。

お気に入りの曲を聴いたり、最新のポットキャストをまとめ聴きしている間も、インターホンの音やオーブンのタイマー音、お昼寝から目覚めた赤ちゃんの泣き声、家の角からあなたを呼んでいる家族の声を聞き逃しません。つまり、世の中の大半のインイヤーヘッドホンのように、自分の楽しみと周囲への対応のどちらかを選ぶ必要はなく、両方を同時にこなすことができます。しかもこれは、イヤホンとヘッドホンの差別化要因の1つに過ぎません。

一日中楽しめる快適な装着感

Bose Ultra Open Earbudsは、沢山の雑務をこなさなくてはならない場合の頼もしい相棒です。Ultra Open Earbudsのユニークな形状によって、快適さと安定感が確保されており、長時間装着しても疲れません。柔軟なバンドで外耳を包み込むように装着してイヤホンを固定します。バンドを上下にスライドさせれば、装飾品などがひっかかることのないよう、最適かつ快適な装着位置を見つけることができます。実際、あまりの快適さに、何も聴いていなくても1日中装着したいと感じる可能性があります。装着していることさえ、忘れてしまうかもしれません。

そんな時でも、Ultra Open Earbudsには長時間連続再生可能なバッテリーが搭載されているため心配は無用です。完全に充電した状態で最長7.5時間の連続再生が可能なため、1日の仕事や厳しいトレーニングセッション、あるいは家事の間も存分に楽しむことができます。もしも充電が切れた場合でも、充電ケースにイヤホンを戻して10分程度の急速充電を行うことで、再び2時間の連続再生が可能です。

Ultra Open Earbudsで音を着る、世界が変わる

常に移動中の方にとって、Ultra Open Earbudsはいつでもお気に入りの音楽を簡単かつ便利に楽しめる方法を提供してくれます。その革新的なオープンイヤーデザインのおかげで、アクティビティを止める必要は一切ありません。周囲で起きていることを常に把握しながら、豊かでクリアなオーディオを楽しめます。曲を止めたり、音量を下げたり、ノイズキャンセレーション設定を調整したり、イヤホンを外す必要もありません。このオープンイヤーイヤホンは、マルチタスクの最適なパートナーです。

関連製品

関連ストーリー

Bose Ultra Open Earbudsのメリット
オープンイヤーオーディオテクノロジーについて