全品送料無料でお届け
 

仕事に最適な、ボーズのBluetooth®ヘッドホンで
生産性を上げる

オープンなオフィス空間は、共同作業に最適、でもそこにはノイズも存在します

オープンスペースのオフィス空間では、共同作業に最適、でもそこにはノイズも存在します

この記事を職場で読んでいるあなたは、オープンスペースのオフィス空間で働いているのではないでしょうか。大きな声で営業の電話をしている同僚や、昨日見たテレビについて談笑している同僚など、他にもたくさんのノイズが周りで渦巻いています。それらが仕事を邪魔していると時々感じていませんか。

オープンスペースのオフィス空間にはメリットもたくさんあります。コラボレーション、仲間意識、エネルギー、そして場所によっては、部屋の窓からほどよい自然の光が入ってくることもあるでしょう。ただし、デメリットもそこには存在します。『Journal of Environmental Psychology』の2018年の研究では、オープンオフィスで働く従業員は、同僚の会話を含むノイズに悩んでいることが分かりました。また、ノイズが従業員のストレスとなり、共同作業能力を減少させていたのです。同僚を心理的に避けている場合、それは実際の行動にも表れてしまいます。

多くの場合、オフィス空間を選ぶことはできません。ただし、その中でどう働くかを選ぶことはできます。仕事を完遂するためのキーは、タスク間の移行の妨げになるものを最小限に抑え、心地よいフローを維持することです。Bluetooth®対応のBOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700を使って、それを実行する方法をご紹介します。

朝、オフィスに着いたら、ヘッドホンを着用することから始めます。ヘッドホンの着用が、集中するサインとなります。また、お気に入りのプレイリストを再生することで、周りのノイズを最小限に抑えます(本当に集中したいときには、ボーカルの入っていない聴き慣れた音楽を選びましょう)。アクティブイコライザーにより、どんな音楽でも臨場感あふれる豊かなサウンドを体験できます。また、オープンオフィスでは、ノイズキャンセリングテクノロジーが大変役立ちます。ヘッドホンが周囲のノイズを検知し、逆位相の信号でノイズを効果的に「キャンセル」します。

それでもすべての要素を回避するのは困難です。ノイズキャンセリングは調整可能なため、同僚が話しかけてきてもヘッドホンを外す必要はありません。最大設定でより静寂な空間を作り出すことができ、最小設定でヘッドホンを着けていないように周囲の音を聞くことができます。つまり、働き方に応じて最適なレベルに設定することができるのです。短い会話であれば、会話モードでオーディオコンテンツとノイズキャンセリングを一時停止することができます。会話が終わったら、オーディオを中断したところから再開して聴くことができます。

ボーズのヘッドホンは、高音質な音楽の再生に定評があります。HEADPHONES 700ではさらに、高音質なボーカル(ユーザーの話し声)も実現しています。電話をかける必要がある場合には、イヤーカップに搭載されたマイクにより、オフィスのバックグラウンドノイズとユーザーの音声が分離され、通話の相手にはあなたの声だけがクリアに聞こえます。

オープンなオフィス空間は、集中が必要な仕事には適していないかもしれませんが、最適なノイズキャンセリングBluetoothヘッドホンを選ぶことで、同僚や仕事への愛情を取り戻すことができます。オープンなオフィス空間も、好きになれるかもしれません。

BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

画面を見ずに、ハンズフリーで
驚きのサウンド

BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700は、一般的な機能だけでなく、想像をはるかに超えるテクノロジーを搭載。スマートフォンを取り出さずに音声アシスタントに簡単にアクセスできるスマートヘッドホン。