全品送料無料でお届け

7月 03日 2015年


BOSE史上最高のノイズキャンセリング・ヘッドホン、 「BOSE® QUIETCOMFORT® 25 ACOUSTIC NOISE CANCELLING HEADPHONES」にSAMSUNG GALAXY対応モデルが登場

2015年7月3日 -- ボーズは、クリアでパワフルなサウンドと、かつてない消音性能、軽量かつ快適な装着感が融合した、ハイパフォーマンス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン「Bose® QuietComfort® 25 Acoustic Noise Cancelling headphones」に、Samsung Galaxyスマートホン/タブレット、またはAndroidに対応する新モデルが加わることを発表いたします。従来のApple製品対応モデルと併せて、お客様のデバイスにとって最適なモデルを選ぶことが可能になります。

最高の静寂を創り出す独自の“ノイズキャンセリング・テクノロジー”

ボーズが発明し、そして30年以上の歳月をかけて進化してきたノイズキャンセリング・テクノロジー。「QuietComfort® 25 headphones」はその歴史の中でも最高の消音性能を実現。特に低域に対するキャンセリング性能が飛躍的に向上しました。外部の騒音を「電気的に打ち消す」という革新的な着想によって、常に静かな環境で上質なサウンドを楽しむことができます。イヤカップの内側・外側の両方に小型高性能マイクを搭載することで、外部の騒音とヘッドホン内部へ侵入する騒音両方を的確にモニタリング。騒音と逆位相の音波を再生することで、電気的に騒音を打ち消します。

一方、ヘッドバンドとイヤーカップも新たになり、快適な装着感を維持しつつ、イヤーカップ内部へ侵入する騒音を大幅に軽減。電気的なノイズキャンセリングとの相乗効果で、極めて高い消音性能を実現しています。

さらに進化したオーディオパフォーマンス

ヘッドホンのリスニングに最適な音質補正を行うボーズ独自の「アクティブ・イコライザー」、独自のポート構造により豊かな低音再生を可能にする「TriPort®テクノロジー」、ヒスノイズを最小限にした独自のノイズキャンセリング回路。これら長年の研究による独自技術をさらに進化させ、惜しみなく投入することで、50年に渡りボーズが追及している“ライブ演奏の感動を再現する”サウンドに、今最も近づくことができました。いかなる騒音環境下でも、音楽も通話も、“聴きたい音”を聴くことができます。

着けているのを忘れるほどの、心地よさ

ヘッドホンの構造には、人間工学に基づいた緻密な計算とノウハウがふんだんに生かされています。軽量化はもちろん、必要最小限に抑えられたクランプ圧(頭を締め付ける圧力)、さらに超低反発素材のイヤークッションを採用することで、長時間の使用でも着けていることを忘れるほど快適な装着感を実現しています。その上、新デザインのイヤーカップは片方を内側に折りたたむことができ、従来製品のQuietComfort® 15 headphonesに比べ、約3分の2のサイズで持ち運ぶことができるようになりました。

新デザインで耐久性も使い勝手も進化

今回、オーセンティックでミニマルな新デザインではイヤーカップ部にメタル素材を採用し、あらゆる使用シーンになじむ洗練された2種類のカラーオプションをご用意しました。本体とともに、新デザインでさらにコンパクトになった付属のキャリングケースに収納すれば、手軽に持ち運ぶことができます。

また、アクティブなデイリーユースにも柔軟に対応する利便性も追求。単4アルカリ電池1本で約35時間の使用が可能な上、電池が切れてもパッシブヘッドホン(音楽再生のみ/ノイズキャンセリング、アクティブ・イコライザーは働きません)として使用することができます。さらにケーブルには、便利なマイク付きリモコンが搭載されています。対応する製品と接続すれば、リモコンで音楽再生・音量調整などのオーディオ操作、また内蔵マイクによって通話が可能です。

<30年以上に渡るボーズ・ノイズキャンセリング技術の歩み>

1978年、ボーズの創始者であるボーズ博士が欧州から米国への帰路に就くときのこと。旅客機に備え付けられた当時の最新ヘッドホンの性能に不満を持ったボーズ博士は、ノイズキャンセリング技術の基本コンセプトと数学的な根拠を算出、帰国後直ちに基礎研究に着手しました。

その後、軍用車のクルーや航空機のパイロットのための製品を開発し、各方面からきわめて高い評価を受けてまいりました。そしてプロフェッショナルの現場で培ったノウハウを生かし、2000年(米国)に一般消費者向けに開発したQuietComfort®を発表(日本における発売は2001年)、オーディオヘッドホンに新たなカテゴリーを創造します。2003年には、ノイズキャンセリング能力とオーディオ・パフォーマンスを飛躍的に進化させたQuietComfort® 2を発売、さらに3年後には、ボーズ初のオンイヤータイプのノイズキャンセリングヘッドホンQuietComfort® 3を発表。よりコンパクトなデザインに収められた驚きの消音性能は、世界中でご評価をいただいています。そして更なる進化を追い求める研究開発が結実し、2009年にはQuietComfort® 15を発表。今なお業界最高峰の性能と品質を提供しています。2013年には、ボーズ初のインイヤー・ノイズキャンセリング・ヘッドホンQuietComfort® 20を発表し、最高の静寂があらゆるライフシーンで楽しめるようになりました。そして2014年9月、30年以上におよぶ研究の成果として、シリーズの歴史に新たな1ページを刻むQuietComfort® 25を発表いたしました。

製品名 Bose® QuietComfort® 25 Acoustic Noise Cancelling headphones
外形寸法 152(W)×191(H)㎜
質量 195g(電池、ケーブル除く)
カラー ブラック、ホワイト
ケーブル長 142cm(脱着可能)
付属品 キャリングケース、デュアルプラグ(航空機内オーディオ対応)、単4アルカリ電池×1
販売予定価格 ¥30,000(税抜)/ 1台

情報公開日 2015年7月3日(金)
発売予定日 未定

<ボーズ・コーポレーションについて>

ボーズ・コーポレーションは1964年、マサチューセッツ工科大学の教授であったアマー G. ボーズ博士によって設立されました。お客様へ真に貢献できる新たなテクノロジーを生み出す。このたった1つの命題のもと、創業から今日に至るまでたゆまぬ研究開発を続けています。

永年の研究開発の成果でもあるボーズの革新的な技術は、さまざまな分野において新たなカテゴリーを創造してきました。近年では、家庭用オーディオ、モバイルオーディオ、専用カーオーディオや公共空間における音響システムなど、ボーズはそのカテゴリーを象徴するブランドとして知られています。

ボーズは、ホームエンタテインメントシステムやウェーブミュージックシステム、ノイズキャンセリングヘッドホンやオーディオヘッドホン、デジタルミュージックシステムやBluetooth®スピーカー、業務用音響システムなどを通じて、音と過ごすライフスタイルそのものにも変化をもたらしてきました

ボーズは株式を公開することなく収益を研究開発に再投資し、世界中のどこでもどんな場所でも、卓越を目指す情熱から生み出される研究成果を通じて、感動体験を提供し続けていくことを約束します。

###

プレスリリース(PDF)