全品送料無料でお届け
 

A20 AVIATION HEADSET

接続したらオン。後は飛び立つだけ。

概要

より快適なフライトを実感

クリアなサウンド
アクティブEQが、よりクリアなサウンドを実現

快適な装着感
従来のフライト用ヘッドセットに比べ、クランプ圧(頭を挟む圧力)を30%軽減

定評のあるノイズキャンセリング
従来のフライト用ヘッドセットに比べ、アクティブノイズキャンセリング効果が30%向上

通信をコントロール
通信用コントローラーやナビゲーション機器に接続

高性能マイク
よりクリアな会話

穏やかで、快適なフライトを

A20ヘッドセットは、従来のフライト用ヘッドセットと比べ、ノイズキャンセリング性能が30%向上。短距離でも長距離フライトでも、静かで快適なフライトを楽しめます。重量はわずか340グラム。シープスキンのクッションを使用し、頭部へのクランプ圧を最小限に軽減。最も軽く、快適なフライト用ヘッドセットのひとつです。全てのデザインが、最高のフライトのために設計されています。

シンプルで、直感的な操作

人間工学に基づくコントロールモジュールには、インコム/AUX出力切り替えスイッチが搭載され、GPSや、トラフィック警報システムを使う際に最適です。さらに、「ミュート」や「ミックス」設定で、オーディオの優先度をカスタマイズ可能。また、電池電源と航空機電源を自動で切り替える電源回路も搭載しています。

    あらゆるタイプの航空機で使用可能

    A20にはデュアルプラグモデル、6ピンプラグモデル、U174プラグモデルがあり、あらゆるタイプの航空機(ヘリコプターを含む)で使用できます。

    定評のあるノイズキャンセリング

    従来のフライト用ヘッドセットに比べ、アクティブノイズキャンセリング効果が30%向上

    快適な装着感

    従来のフライト用ヘッドセットに比べ、クランプ圧(頭を挟む圧力)を30%軽減

    アクティブEQが、よりクリアなサウンドを実現

    入力信号を自動で調整。クリアで聞き取りやすいサウンドを実現

    Bluetooth接続

    Bluetooth対応機器に、ワイヤレスで接続
    *日本発売モデルは未対応

    カスタマイズ可能なオーディオ優先コントロール

    “ミュート”を選ぶと、外部入力からの音声をミュートに設定し、通信だけが聞こえます。“ミックス”を選ぶと、ケーブルなどの外部入力から、音声と通信をバランス良く聞くことが可能です。

    標準規格の認定

    FAA TSOおよびE/TSO-C139a認定

    左右対応マイク

    マイクは左右どちらのカップにも装着可能

    最大45時間バッテリーが持続

    単3電池2本で長時間使用が可能

    SHARE WITH US

    #BoseA20

    フライト風景をシェア#BoseA20と@boseaviationを付けてInstagramに投稿、あなたのフライト写真をぜひシェアしてください。

    仕様

    外形寸法/質量

    • A20 Aviation Headset:21.4 cm(H)x 16.1 cm(W)x 8 cm(D)(340 g)

    同梱物

    • A20 Aviation Headset
    • インラインクロージングクリップ
    • コントロールモジュール
    • 単3電池(2本)
    • 補助入力ケーブルアダプター
    • キャリングケース
    によって、 5つ星のうち 5 と評価されています。 飛行機乗りは是非オススメ 5年前に購入しました。ノイズキャンセラーの性能が高く、機内がとても静かになりました。それでいて無線はしっかり聞こえます。極めて使い勝手が良いです。保証も良く、同業者様はおススメです。
    投稿日: 2019-01-07
    • y_2019, m_2, d_16, h_20
    • bvseo_bulk, prod_bvrr, vn_bulk_2.0.11
    • cp_1, bvpage1
    • co_hasreviews, tv_0, tr_1
    • loc_ja_JP, sid_a20_hdst, prod, sort_[SortEntry(order=RATING, direction=DESCENDING), SortEntry(order=SUBMISSION_TIME, direction=DESCENDING)]
    • clientName_bose
    • bvseo_sdk, java_sdk, bvseo-2.2.0.4
    • getReviews, method:CLOUD, 0ms
    • REVIEWS, PRODUCT

    よくあるご質問

    A20 Aviation Headsetと、他の市販品との違いは?

    A20ヘッドセットは、Bluetoothオーディオストリーミング、カスタマイズ可能なオーディオ優先度制御、自動オン(一部のモデル)、自動シャットオフなどの先進機能のパイロット値を兼ね備え、明瞭なオーディオ、ノイズキャンセリング、快適性の両立を高いレベルで実現しています。さらに、ボーズは、軍隊の航空および地上作戦、NFL、世界中のお客様向けの独自のヘッドセットなど、様々な用途で使用されるミッションクリティカルな通信用ヘッドセットの設計に重点を置き、開発してきました。ボーズは、商用のアクティブノイズキャンセリングヘッドセットを市場に発表した最初の会社です。25年以上の実績を生かし、世界中に16か所のサービスセンターを設立して、重要な通信に欠かせないヘッドセットをグローバルに提供してきました。

    ヘッドセットの性能を最適化するために何かを行う必要がありますか?

    いいえ。ヘッドセットは騒音レベルを一定に調整し、再生性能を自動的に最適化します。

    TSOが重要な理由は?

    Technical Standard Order(TSO)は、民間航空機で使用される特定素材、部品、器具に関する最低性能基準です。企業がTSO規格に適合する素材、部品、器具を製造する許可を受けると、TSO認証が与えられます。企業がTSO認証を受けると、その製品は設計と製造に関する最低要件を満たすことが保証されます。ボーズ合同会社はTSO要件をすべて満たすか、上回っています。

    ヘッドセットの性能に影響を与えずにA20ヘッドセットを装着して眼鏡や帽子を着用できますか?

    はい。イヤーカップの柔軟な革張りフォームクッションは、眼鏡をかけていても効率的な遮音性を実現するように設計されています。ヘッドセットのノイズキャンセリングの特長をほとんど損なうことなく眼鏡を快適に着用できます。最適な性能を維持するためにヘッドセットを補正したり再補正する必要はありません。ヘッドセットが自動的に調整します。

    A20ヘッドセットに自動オンや自動オフ機能はありますか?

    はい、A20ヘッドセットの航空機電源を使用したバージョンは自動オンと自動オフ機能が装備されているので、航空電子機器がオンの場合、航空機の電源を検出すると、ヘッドセットが自動的にオンになります。ヘッドセットのバッテリー駆動バージョンは自動オフが装備されていますが、ヘッドセットをオンにするには電源ボタンを押す必要があります。

    6ピンプラグヘッドセットを変換できますか?

    接続を追加するために、ボーズのアダプターで6ピンコネクターをデュアルG/AプラグまたはU174に変換することができます。

    左側から右側にブームマイクを切り替えられますか?

    はい。ブームマイクは、2本のねじを緩めてマイクを目的のイヤーカップに再配置することで、左右またはその逆に簡単に交換できます。

    従来のAviation Headset X®アクセサリーはBose A20ヘッドセットに対応していますか?

    お勧めしません。このクッションと部品はA20 Aviation Headsetに無理に取り付けられますが、この製品用に設計または実装されていません。

    従来のAviation Headset X®アクセサリーはBose A20ヘッドセットに対応していますか?

    お勧めしません。このクッションと部品はA20 Aviation Headsetに無理に取り付けられますが、この製品用に設計または実装されていません。

    サポート

    マニュアル/ガイド

    取扱説明書

    A20 AVIATION HEADSET

    接続したら電源をオン。後は飛び立つだけ。