ストア カート
Bose A30 Aviation Headset

Bose A30 Aviation Headset

現行価格 ¥186,780

選択する

Change pick up location

取扱店限定製品
ボーズ製品のご購入について
90日間返品・返金保証
日本全国 送料無料
羽アイコン

圧迫感の少ない軽量設計

3xアイコン

3つのアクティブノイズキャンセレーションモード

バッジアイコン付きのクリップボード

FAA TSO & EASA E/TSO-C139a認定

EQアイコン

アクティブイコライザーが明瞭なオーディオを再生

マイクアイコン

的確に騒音を拾うノイズキャンセリングマイク

マイクが左右両方取り付け可能なことを示すヘッドセットアイコン

ツールを使わずに交換できるケーブル、左右対応マイク

概要

騒音を低減し、クリアな音を再生

集中を妨げるものがすべてなくなると、そこにあるのは自由に空を飛ぶ感動の感覚だけです。

ボーズを選ぶ理由

Bose A30 Aviation Headsetは、騒音が大きい環境や、快適性とコミュニケーションが非常に重要は状況に最適です。

コントロールモジュールの隣にマイクが取り付けられたBose A30 headsetの斜めから見たイメージ画像。

圧迫感の少ない軽量設計

Bose A20 Headsetよりも、圧迫感が20%低減されたフルサイズのアラウンドイヤーヘッドセット。

アクティブイコライザーが明瞭なオーディオを再生

入力信号を成形して補正し、はっきりと聞き取りやすい明瞭な音声を再生。

FAA TSO、EASA E/TSO-C139a認定

厳しい飛行環境での使用が認定された高性能ヘッドホン。

ツール不要、どちら側にも取り付けできるケーブルとマイク

ブームマイクとケーブルは、左右どちら側にもツールを使わずに簡単に付け替えできます。

的確に騒音を拾うノイズキャンセリングマイク

「ホットマイク」またはPTTシステムと呼ばれる航空機向け機能を備えているため、雑音の少ないクリアな音声で通信できます。

3つのアクティブノイズキャンセリングモードから選択可能

環境や好みに合わせてノイズベルを調整できるノイズキャンセリングモード。

驚きの快適さ、静寂の世界

Bose A30は、ボーズがこれまで開発したなかで快適性と性能が最も高い航空機用アラウンドイヤーヘッドセットです。快適さ、クリアな音、市場トップクラスのアクティブノイズキャンセリングを組み合わせることによって、これまでにない最高のフライトを体験できます。

Bose A30 Aviation Headsetを着用し、コックピット外の景色を肩越しに眺める女性パイロット

長時間使用しても快適な装着感

圧迫感の少ない軽量設計のA30は、長時間のフライトでも快適に使用できます。定評あるBose A20のノイズキャンセリング機能を継承しながら、軽量化を実現。圧迫感も20%軽減されています。

振り返って副操縦士と話す民間パイロットとBose A30 Aviation Headsetの側面イメージ画像
A30のコントロールモジュールを持ち、親指をスライダーの上に置いて3つのアクティブノイズ キャンセリングモードを選択しているパイロット

状況に応じて音を調節

A30は、雑音の多い環境でもクリアな通話を楽しめる、業界最高のパイロット用ヘッドセットです。オプションでBluetooth®インターフェイスとトークスルーコミュニケーションを利用でき、からアクティブノイズキャンセレーションを3モードから選択可能。あらゆるタイプの航空機で業界最高のコミュニケーション性能を実現します。

性能重視のデザイン

スリムでモダンなデザイン、ツールを使わずに左右どちら側にも付け替えできるマイク。A30はさまざまなコックピット環境に対応する、新しい高性能ヘッドセットです。さらに、強度と耐久性に優れた軽い素材を採用し、他の航空機用ヘッドセットと比べて圧迫感も軽減されています。

思い通りのフライト

A30 Aviation Headsetを着用した男性パイロットとProFlight Series 2 Headsetを着用した女性パイロット

NEW! A30 Aviation Headset

ProFlight Series 2 Aviation Headset

左側から伸びたマイクが見えるBose A30 Aviation Headset
左側から伸びたマイクが見えるProFlight Series 2 Aviation Headset

comparisonTableText.adaFeaturesKey1

comparisonTableText.adaFeaturesKey2

推奨されるノイズ環境

ほとんどのコックピット環境に対応。

重量404g

ボーズ製品のなかで最も軽く、快適な航空機用アラウンドイヤーヘッドセット。Bose A20 Headsetに比べて圧迫感を20%軽減。

3つのノイズキャンセリングモードから選択可能

チェックマーク

ツール不要、どちら側にも取り付けできるケーブルとマイク 

チェックマーク

FAA TSO、E/TSO-C139a認定

チェックマーク

Bluetooth接続とオーディオ優先機能

チェックマーク

使用推奨ノイズ環境

与圧のかかるジェット機のような中程度の騒音環境に対応。

着用時の重量 127.6 g

長時間のフライトでも継続した極上の快適さを提供するボーズ史上最小、最軽量、最も快適なインイヤー航空機用ヘッドセット。

3つのノイズキャンセリングモードから選択可能

チェックマーク

ツール不要、どちら側にも取り付けできるケーブルとマイク 

チェックマーク

FAA TSO、E/TSO-C139a認定

チェックマーク

Bluetooth接続とオーディオ優先機能

チェックマーク

シェアする

#BoseA30

Instagramでボーズをフォローして、最新のBose Aviationニュースをご覧ください。

仕様

同梱物

A30 Aviation Headset
QuietComfort Ultra Carry Case(キャリーケース)
3.5 mm AUXオーディオケーブル
単3乾電池(2本)
コントロールモジュール用ハンガー
 

Bose A30 Aviation Headset(コントロールモジュール、キャリーケース、単3電池2本、追加ケーブル、コントロールモジュール用ハンガー付き)

  • 重量:21 cm H x 17 cm W x 8 cm D (404 g)

  • モバイル機器、オーディオシステム、エレクトロニックフライトバッグとワイヤレス接続。HFP、A2DP、AVRCP、BLE、Multipointに対応のBluetoothヘッドセット。今後も各種プロファイルに対応予定です。

  • 充電式も含めて各種電池に対応。航空機駆動対応モデルでは、機体の電源が入ると電池から切り替え。コントロールモジュールのUSB接続を介した給電も可能。

  • 周囲のノイズを抑えるノイズキャンセリングマイクが明瞭なコミュニケーションを実現。エレクトレットマイク、5Ωダイナミックマイク、150Ωダイナミックマイクのオプションも選択可能。

  • ブラック

  • Bose A30 Aviation Headsetの保証対象期間は購入日から5年間を規定しています。保証対象内容には材質、製造上の欠陥を対象とし、部品、手数料、返品の配送料はすべてボーズが無償で負担します。
  • ボーズの航空機用ヘッドセット全てのバージョンをサポートするFAA認定の専用修理ステーションで対応しているほか、世界中の認定修理センターで迅速なサービスを提供しています。
によって、 5つ星のうち 5 と評価されています。 Comfortable and clear. My first Bose headset, comfortable, no pressure points, noise cancelling works great, quiet, but able to still hear the engine, radio transmission comes through clearly. Bluetooth and side touch speaker is a nice feature.
投稿日: 2024-05-04
によって、 5つ星のうち 5 と評価されています。 Comfortable and clear. Great headset, my first Bose , wasn't sure what to expect but I was glad it outperformed my previous ones. Comfortable, no pressure points, long wear comfort, quiet enough where I can still hear the engine, and very clear for communication. Bluetooth and side outside speakers is a nice feature.
投稿日: 2024-04-30
  • y_2024, m_5, d_17, h_6
  • bvseo_bulk, prod_bvrr, vn_bulk_3.0.42
  • cp_1, bvpage1
  • co_hasreviews, tv_2, tr_47
  • loc_ja_JP, sid_A30-HEADSETAVIA, prod, sort_[SortEntry(order=RATING, direction=DESCENDING), SortEntry(order=SUBMISSION_TIME, direction=DESCENDING)]
  • clientName_bose
  • bvseo_sdk, java_sdk, bvseo-2.2.0.4
  • getReviews, method:CLOUD, 0ms
  • REVIEWS, PRODUCT

アクセサリー

FAQ

A30 Aviation Headsetと前モデルのA20 Aviation Headsetの違いを教えてください。

A30 Aviation Headsetは、A20の進化版バージョンです。スリムでモダンなデザイン、軽量化とクランプ力の低減により、長時間使用時の快適性を大幅に向上させました。また、3モードから選択可能なアクティブノイズリダクションとトークスルーコミュニケーションをスムーズに選択できる、タップコントロールも搭載しています。

A30は、定評あるA20のノイズリダクション、最先端の素材、電子機能を継承しています。さらに優れたノイズリダクションと明瞭な音声のバランスを実現することで、市販されている航空機用ヘッドセットの中でも最高クラスの性能を提供します。 

Bose A30 Aviation Headsetには音量つまみが備わっていますか?

はい。A20と同様、A30にはコントロールモジュールに左右の感度調整ホイールが備わっています。これらのホイールにより、左右差のある聴覚障害や複数の無線入力にステレオモードで対応したり、外音がより明瞭に聞こえるように片側の無線入力を調節できます。音量を大幅に調節する際には、通常通りオーディオパネルや無線ごとに調節してください。 

Bose A30 Aviation Headsetは、どんな種類の航空機でも使用できますか?

はい。A30は、一般機、軍用機、民間機などあらゆる種類の航空機内で使用できるように最適化されています。また、固定翼機とヘリコプターの両方でもご使用いただけます。さらに、デュアルG/A、6ピンLEMO、5ピンXLRなど、さまざまな接続オプションをご用意しております。A30は、ヘッドセットが風や後流に直接さらされるオープンコックピットタイプの航空機でのご使用は推奨しておりません。

Bose A30 Aviation Headsetには、どのようなモデルやタイプがありますか?

Bose A30には多くのバリエーションを提供しており、コネクタ、ケーブル、マイク、モジュール (BluetoothまたはBluetooth非対応) に基づいてさまざまな構成をご選択いただけます。航空機の標準接続オプションはデュアルG/Aですが、自動オン機能を備えた柔軟な電源回路を搭載したモデルもあり、6ピンタイプや5ピンXLRタイプもご選択いただけます。

標準接続タイプは、以下を参照にしてください。

デュアルG/Aプラグ(PJ 068および¼インチステレオ): 単3アルカリ電池2本で、フライト中最低45時間の動作時間を提供します。このモデルは、オーディオのステレオ/モノラルをユーザーが設定でき、各種の航空機で広く用いられています。
● XLR 5ピン:これは、エアバス(Airbus)プラグとも呼ばれるモノラル接続タイプで、航空機の機能に応じて機体や電池から給電される構成です。自動オン機能を備えた柔軟な電源回路により、プラグを抜くと機体駆動と電池駆動が自動で切り替わります。
● U-174:U-174は、軍用機や一部のヘリコプターに一般的に装備されているシングルプラグタイプです。
● (LEMO) 6ピンLEMOコネクター:このオプションでは、6ピンコネクターを使ってヘッドセットを航空機に接続し、航空機からの直属給電となります。また、単3アルカリ電池2本も使用できる柔軟性も備えています。自動オン機能を備えた柔軟な電源回路により、プラグを抜くと機体駆動と電池駆動が自動で切り替わります*。 

*さらなる柔軟性を求める場合には、ボーズのアダプターを使用し、6ピンコネクターをデュアルG/AプラグやU-174に変換し、接続することも可能です。 

マイクは左右どちらにも付け替え可能ですか?

はい。内蔵ブームマイクとケーブルは、ツール不要のコネクタ機構となっているため、いくつかの簡単な手順のみでヘッドセットの左右どちら側にも取り付けることができます。     

A30 Aviation Headsetには、イコライザー(EQ)またはヘッドセットオーディオの調節機能は搭載されていますか?

Bose A30 Aviation Headsetには、複数のイコライザー回路が内蔵されています。メインのICS/無線通信経路は、最新のTSO規格を満たし、音声の明瞭度を最適化するよう設計されています。追加のアクティブEQが、ワイヤレスオーディオソースのセカンダリーオーディオパス(Bluetooth)を通じて最適なコミュニケーション体験を実現します。

Bose A30 Aviation Headsetのノイズリダクション性能度を教えてください。また、帯域別の減衰度はどれくらいですか?

Bose A30 Aviation Headsetには、それぞれのケースで最適に使用できるよう、ノイズキャンセリングを3モード搭載しています。「Low」は、インターコムシステムを装備していない相手とのコミュニケーションを容易にします。「Medium」は、ノイズリダクションを幅広い帯域にわたってフラットに適用します。「High」は、アクティブノイズリダクションの効果を最高限に作動させ、無線通信における信号対ノイズ比を最大化します。3モードすべてが、特定の用途やシーンに合わせて最適化されています。

ボーズのノイズリダクションの各モードに、優劣はありません。さまざまな航空機で実際にお試しになり、各モードの優れた性能や機能をぜひご体感ください。

A30 Aviation Headsetは、どのように極上の着用感を実現しているのですか?

Bose A30 Aviation Headsetは、市販されている航空機用ヘッドセットの中で最小、最低クランプ圧、最軽量のアラウンドイヤー型アクティブノイズキャンセリングヘッドセットです。安定性を犠牲にすることなく、優れた機能と極上の快適さを両立させています。

頭の輪郭にぴったりとフィットする角度の付いたイヤーカップ、最軽量で最大の快適性が実現される形状のヘッドバンドパッド、さらにクイックリリース機能を備えた左右別の専用イヤーカップ、左右対応マイクなどの人間工学に沿ったデザインにより、快適性を追求した設計になっています。  

Bose A30 Aviation Headsetにはどのようなマイクが搭載されていますか?

A30は、航空機に一般的に装備されているノイズキャンセリングエレクトレットマイク(高インピーダンスマイク)を採用しています。このタイプのマイクは、「ホットマイク」システム(PTTシステム)と組み合わせたときに、遠距離ノイズを除去してパフォーマンスが向上されるように最適化されています。一部のモデルでは、5Ωや150Ωダイナミックマイクにも対応しています。 

Bose A30 Aviation Headsetの電池はどのくらい持続しますか?

A30は、単3アルカリ電池2本と標準的な航空機のノイズ環境で45時間以上動作します。また、Bluetooth機能を連続して使用した場合の動作時間は25時間です。この動作時間は、電池の種類、ノイズレベル、使用機能によって異なります。電池交換の要不要は、ヘッドセットのインジケーターに表示されます。

A20やProFlight Headsetsのコントロールモジュールまたは他の部品やアクセサリーを、A30に使用することはできますか?

いいえ。コントロールモジュールは、それぞれのモデル専用となっています。一部のクッションやパーツは、力を入れてはめるとBose A30 Aviation Headsetに装着できる場合もありますが、当製品のために開発されたものではありません。 

サポート

マニュアル / ガイド

取扱説明書

NEW

A30 Aviation Headset

ボーズ史上最高峰の快適さを提供するアラウンドイヤー型航空機用ヘッドセット