全品送料無料でお届け

ノイズブロッキング、ノイズキャンセリング、そしてノイズマスキング

各ノイズリダクションテクノロジーの違い

各ノイズリダクションテクノロジーの違い

新しいヘッドホンを探していると、似ているのに少し違う専門用語がたくさんあるため、混乱する場合があるかもしれません。あなたにとって必要なのはノイズのキャンセルとブロッキングのどちらでしょうか?または、ノイズキャンセリングとノイズマスキングに違いはあるのでしょうか?答えは、「Yes」です。確認したいテクノロジーの意味を正確に知ることはとても重要です。正確に知ることで、適切なテクノロジーや、その機能を持つ最適な製品の選択につながり、さらには、求めている体験の実現へとつながります。ここでは、音楽を聴いて集中したい場合も、周囲の音をシャットアウトしたい場合も、眠りを妨げるノイズをブロックしたい場合も、適切な製品を見つけるために役立つ情報をご紹介します。

同じような意味で使用されている難しい専門用語はたくさんありますが、それらの用語は、本来は、それぞれの意味をきちんと理解し、使い分ける必要があります。分かりやすく簡単に混乱を解消していきましょう。今回は、ヘッドホンやイヤホンでノイズをコントロールする方法を、ノイズキャンセリング、ノイズマスキング、ノイズブロッキングの3つの異なるアプローチに分類しました。これらの仕組みや違い、最適な用途について、なるべく専門的な領域に踏み込むことなく、分かりやすく説明します。

Bose Sport Earbudsのスワイプコントロールを使用している男性

ノイズブロッキング

別称: パッシブノイズリダクションまたはノイズアイソレーション

ノイズブロッキングというと、ハイテクなソリューションのように聞こえますが、実はとてもローテクです。ノイズブロッキングはとてもシンプルで、指で耳を塞ぐこともその一つです。今度サイレンが聞こえてきたら指で耳を塞いでください。自分と不快なノイズとの間に、物理的なバリアができることが分かります。これはパッシブノイズリダクションと呼ばれ、ヘッドホンを探しているときによく使われる用語です。耳を覆うことにより、物理的にノイズをブロックします。パッシブノイズリダクションには、電子的な要素は一切ないため、テクノロジーやマイクが内蔵されていることはなく、電源も不要です。

ノイズブロッキングはローテクではあるものの、ヘッドホンの設計に不可欠です。ノイズブロッキングは、適切に作用すれば不快なノイズに対する最初の壁となるためです。イヤーカップの密閉性やイヤホンのフィットが、ヘッドホンやイヤホンの性能に大きな違いを生み出します。ノイズブロッキングの場合、科学的にはテクノロジーよりもむしろ生物学といえます。人間の耳の形や大きさはそれぞれ異なります。ボーズはこれまで、何百もの耳の形を研究、測定、試験することで、最大のノイズブロッキング性能を発揮するための、より良いフィットや快適さを追求してきました。ボーズの完全ワイヤレスイヤホンに使用されている最新のStayHear™ Maxチップは、ボーズのイノベーションにおける、人体の形状の重要性を証明するものです。

ノイズブロッキングは効果的である一方、より高性能なソリューションを求める場合は、アクティブノイズキャンセリングやノイズマスキングといったテクノロジーと併用する必要があります。

QuietComfort 35 wireless headphones IIを着用してスマートフォンを使用している女性

ノイズキャンセリング

別称: アクティブノイズキャンセリングまたは

最適な用途:

Airplane icon

トラベル

Office building icon

仕事/集中したいケース

Bus icon

通勤/通学

ノイズキャンセリングは一般的な用語です。これこそがお客さまが求める機能かもしれません。ノイズキャンセリングはアクティブテクノロジーで、ノイズブロッキングやパッシブリダクションとは異なります。ボーズは、20年以上前にアコースティックノイズキャンセリング(ANC)を初めてヘッドホンに採用し、このカテゴリーを生み出しました。これは、ボーズのブランドイメージのある輝かしい実績です。ANCについては話が尽きませんが、今回はその基本についてご説明します。

ノイズキャンセリングヘッドホンは、充電式バッテリーなどの電源を必要としたテクノロジーを搭載しています。ただし電源を使用しない場合も、ヘッドホンを着用するだけでノイズブロッキングの物理的なメリットを得ることができます。電源をオンにすることで、このテクノロジーを動作させることができます。

ノイズキャンセリングの仕組み

ノイズキャンセリングヘッドホンは、周囲の音を聞き取り、不要なノイズが耳に届かないようにします。イヤーカップやイヤホンに搭載された超小型マイクが周囲のノイズの周波数を聞き取り、逆位相の信号を発生させます。音波がぶつかることで、両方の音が効果的に「キャンセル」されます。ボーズの音響エンジニアによると、バッテリー電源やシグナルプロセッシング、ノイズブロッキングがそれぞれ作用することで、より大きな意味での「ノイズキャンセリング」のシステムを作り上げるため、もう少し複雑な説明になるそうですが、要点はお分かりいただけたかと思います。

ノイズブロッキングがサウンドを除去する物理的な壁である一方、ノイズキャンセリングはバックグラウンドで動作するオーディオの「壁」を作り出す

では、どんな時にノイズキャンセリングヘッドホンイヤホンを着用するのがよいのでしょうか?このテクノロジーは、音楽やオーディオブック、ポッドキャスト、テレビ番組、映画を、外部のノイズに妨げられずに、集中して楽しみたいときに最適です。ノイズキャンセリングヘッドホンは、仕事や通話、旅行、および自宅での集中タイムに使う人も増えており、日常生活の一部となりつつあります。

Bose Noise Cancelling Headphones 700のノイズキャンセレーションの音波
就寝中にBose Sleepbuds IIを使用している男性

ノイズマスキング

別称: サウンドマスキング

最適な用途:

Sleep icon

睡眠

Relaxation icon

リラックス

ノイズブロッキングは物理的な壁で、ノイズキャンセリングは水面下で動作するオーディオの壁であることがわかりました。では、ノイズマスキングとはなんでしょうか?

ノイズをマスキングするための仕組みは、ノイズキャンセリングとは異なるものです。電子機器を使用してノイズを抑える代わりに、ノイズマスキングは脳が実際に音を感知する仕組みに作用します。マスキングでは、別の音を同時に発生させてノイズを抑え込みます。これは非常に効果的な方法です。その理由は、耳の中での音の重なり方にあります。ある一定の周波数の規則的な音を使用することで、不規則で不快な音を脳が感知しにくくなります。時間が経つにつれ、どちらの音も次第に意識しないようになります。ノイズマスキングの良い例として、ホワイトノイズマシンが挙げられます。これは、落ち着いた環境音を発生させることで、周囲のノイズが気にならないようにするものです。

ノイズキャンセリングよりもノイズマスキングが適しているケース

これは、どの種類のノイズを低減したいかによって異なります。ノイズを完全に消去するテクノロジーは存在しないものの、ノイズキャンセリングは、航空機やバスなど、連続的な低域ノイズの多い環境で最も効果を発揮します。夜間のいびきなどの突発的な音を感知しづらくするには、ノイズマスキングがより効果的です。

このため、ボーズのSleepbuds™ IIではノイズマスキングテクノロジーが使用されています。この製品は、睡眠に問題を抱える人にやすらかな眠りを提供するために設計されています。イヤホンのノイズブロッキング効果と落ち着いたノイズマスキングサウンドの組み合わせにより、脳が不快なノイズを無視するようになり、安らかなリラクゼーションと快適な睡眠へとつながります。また、規則的なサウンドが耳に直接届くため、部屋の隅にノイズマシンを置くよりもずっと効果的です。

Bose Sleepbuds IIのノイズマスキングサウンドの効果を示す音波

ノイズブロッキング、ノイズキャンセリング、ノイズマスキングの違いを説明しました。それぞれの意味を正しく理解できたことで、周囲の音をコントロールする方法と場所に応じた適切なテクノロジーを見つけることができます。

製品、仕様などは、国によって異なる場合があります。

あなたに合ったノイズキャンセリングヘッドホン&イヤホンの選び方
あなたに合ったノイズキャンセリングヘッドホンの選び方
Bose Sleepbuds II充電ケース - Bose Sleepbuds II
次世代Bose Sleepbuds™ IIの舞台裏に迫る