全品送料無料でお届け

仕事に最適なイヤホンとヘッドホン

ノイズキャンセリングテクノロジーが、オフィスへの復帰をサポート

在宅勤務の多くの人がオフィスを恋しいと思わなかったことの1つに、集中力を削ぐオフィスのノイズがあります。自分のニーズや好みに合わせて調整できるホームオフィス環境に慣れてしまったためです。

共用冷蔵庫やコーヒーメーカーの動作音、休憩中の同僚たちの話し声など、オフィスに復帰したら聞こえてくる騒がしい周囲の音量に対処するために、最適なイヤホンやヘッドホンが仕事に必要になります。また、通勤時も車のクラクションや電車・バスの轟音など、耳障りなノイズがあふれています。

こうした問題を解決し、オフィスへの復帰を促してくれるのが、ノイズキャンセリングヘッドホンやイヤホンです。周囲のノイズを覆い隠すのではなく、打ち消す設計のアクティブノイズキャンセリングテクノロジー搭載のイヤホンやヘッドホンは、仕事に最適です。高度な生産性を維持したり、目の前の仕事に集中したりするのに役立ちます。詳しくは、以下をご覧ください。

オフィスでQuietComfort 45 headphonesを装着している男性

ノイズキャンセリングテクノロジーの仕組み

Bose QuietComfort Earbudsを装着している男性

従来のヘッドホンとは異なり、アクティブノイズキャンセリング(ANC)ヘッドホンでは、外部のノイズを遮断するために音量を上げる必要はありません。内蔵された超小型マイクで周囲の音を検知し、ノイズとは逆位相の周波数を発生させて打ち消します。単純に他の音を被せてノイズを聞こえなくするのとは違います。

耳が包み込まれたような状態で、作業の集中力を高められます。遮音レベルの調整が可能なノイズキャンセリングヘッドホンでは、必要な音量で周囲の音を聞くことができます。また、無音環境を作り出して気持ちを落ち着かせることもできます。ワイヤレスのノイズキャンセリングヘッドホンを装着するだけで、オフィスのノイズが大幅にカットされます。

Bose Noise Cancelling Headphones 700に入る音とそこから出る音

生産性を向上

テーブルに置かれたBose QuietComfort Earbudsと充電ケース
Bose QuietComfort® Earbuds

Bose QuietComfort® Earbuds
詳しくはこちら

Bose Noise Cancelling Headphones 700を装着して仕事をしている男性

ノイズのない在宅勤務に多くの人が慣れてしまったため、オフィスの仕事で困るのが集中力や生産性の維持です。これは世界保健機関からも言及され、報告書が作成されています。聴覚を使うどのような作業でも、必要な音を遮断・阻害する強いノイズがあると作業効率が低下します。また、聞き慣れないノイズが聞こえるといった普段とは違う状況も、さまざまな作業で集中力や効率を低下させる原因になります。

ノイズキャンセリングヘッドホンやイヤホンを装着すれば、オフィスのノイズから逃れられます。騒がしいノイズのストレスから解放されて仕事が進み、生産性や集中力が向上します。オープンフロア型のオフィスで働いている場合は特に有効です。こうしたオフィスでは、同僚の行動や会話が作業の邪魔になりがちです。

オフィスでQuietComfort 45 headphonesを装着している男性
Bose QuietComfort® 45 headphones

Bose QuietComfort® 45 headphones
詳しくはこちら

新しいビジネステクノロジーを強化

コロナ禍で登場した新しいテクノロジーや働き方がオフィスにも採用され始めています。その多くはノイズキャンセリングヘッドホンと相性が抜群です。例えば、Zoomはオンライン会議やオンラインイベントのビデオプラットフォームとしてオフィス内外で近年広く普及しています。BBCによると、Zoom社の2020年第4四半期売上は前年同期比370%増でした。同社は2021年の総売上を40%以上増の37億ドルと見込んでいます。

ZoomやFaceTime、Google Meetを始めとする音声対応コミュニケーションプラットフォームを仕事で使うには、クリアで乱れない音声が不可欠です。そのため、ノイズキャンセリングテクノロジーによって大幅に強化された、通話とビデオ会議に最適なイヤホンやヘッドホンの重要性が増しています。自宅と違って騒がしいオフィスで大事なことは、ノイズキャンセリングヘッドホンのようなテクノロジーを活用することです。これにより、顧客や同僚などオンラインコミュニケーションの相手とクリアに会話することができます。

ノイズを健全なレベルに抑制

従来のイヤホンやヘッドホンでは、高い密閉性と再生コンテンツで外部音を聞こえなくしますが、オフィスの大きいノイズがイヤホン内に侵入して集中できなくなってくると音量を上げがちです。これは鼓膜に過剰な負荷をかけるおそれがあります。

アクティブノイズキャンセリングヘッドホンや通話に最適なイヤホンでは、侵入してくるノイズがキャンセルされるため、音量を上げる必要はありません。ノイズを適切なレベルに抑えると大きなメリットを得られます。静寂が長く続くため、集中力や生産性を維持できる時間も長くなります。特に、オフィスから1年以上も離れていた人は、オフィスのノイズを以前よりもうるさく感じることがあるため効果的です。

デスクに置かれたQuietComfort 45 headphones
Bose Noise Cancelling Headphones 700を装着して仕事をしている女性
Bose Noise Cancelling Headphones 700

Bose Noise Cancelling Headphones 700
詳しくはこちら

ストレスを減らして健康を増進

米国国立医学図書館の2018年の報告書によると、ノイズは非特異的なストレスの要因で、自律神経と内分泌を活発化させます。周囲のノイズが大きい状態が続けば、慢性的なストレスなどの「非聴覚効果」を引き起こしかねません。

多くの従業員は週40時間以上もオフィスに滞在し、余計なストレスを無意識に受けていることが多く報告されています。ノイズキャンセリングヘッドホンを活用すれば、ノイズをうまくコントロールしてストレスを回避できます。ストレスが減ると、生産性や集中力が大幅にアップするなど、すべての面で多くのメリットが得られます。

久しぶりのオフィスはビジネスで有益になることがありますが、それを帳消しにするマイナス要素を放置しないことが重要です。アクティブノイズキャンセリングヘッドホンやイヤホンをオフィスに導入することを検討しましょう。オフィスへの復帰を促進できます。また、自宅とオフィスのプラス要素をそれぞれ組み合わせて取り入れましょう。

Bose Noise Cancelling Headphones 700とBose QuietComfort Earbuds

その他のストーリー

ヘッドホンが仕事の効率アップに役立つ理由とは
ヘッドホンが仕事の効率アップに役立つ理由とは
あなたに合ったノイズキャンセリングヘッドホンの選び方
あなたに合ったノイズキャンセリングヘッドホンの選び方
ノイズブロッキング、ノイズキャンセリング、およびノイズマスキングテクノロジーの主な違い
ノイズブロッキング、ノイズキャンセリング、およびノイズマスキングテクノロジーの主な違い
ja