全品送料無料でお届け
 

SOUNDSPORT WIRELESS HEADPHONES

エクササイズもサウンドも、もっとパワフルに

概要

動きやすさを追求したデザイン

エクササイズは過酷なアクティビティです。その激しい動きに耐えられるワイヤレスイヤホンが必要です。SOUNDSPORT WIRELESSを使うと、パワフルな音を楽しめるうえに、快適で安定した装着感で、もう身体の動きを妨げられることはありません。

TILEで見つける

もう、失くす心配はありません

トレーニングの準備が万全でも、ヘッドホンを失くしてしまっては台無し。米国シェアNo. 1落し物トラッカーのTileとBoseが協力し合い、ヘッドホンを失くしても、簡単に見つけることが可能になりました。設定はとても簡単。Bose Connectアプリから、ヘッドホンの最新ソフトウェアをダウンロードし、アプリ内の手順に従って、お使いのヘッドホンをアクティブにするだけ。これでもう大切なヘッドホンを紛失しても、簡単に見つけることができます。詳しくは、Tile.comをご覧ください。

快適さと安定性の両立

エクササイズ中はイヤホンが安定して欲しい。その願いを叶えます。快適に装着してエクササイズに集中。その独自の形状で耳の入口を優しく塞ぎ、音響性能を高めます。非常に柔軟なウイングがサポート力を発揮して安定感を向上させます。
 

Bluetooth®およびNFCのペアリングでケーブル絡みにさようならを

ワイヤレス接続がすばやくできれば、動きを妨げられません。SoundSport wireless headphonesなら、Bluetooth機器とのペアリングは簡単です。
 

防滴設計

ジムで汗まみれになっても、雨の中でランニングしても、このスポーツイヤホンがゴールへの一歩一歩をサポートしてくれます。巧みに配置されたアコースティックポートが汗や雨の侵入を防ぎ、撥水加工の生地が湿気を防ぎます。

 

Bose Connectアプリモバイル画面

アプリ1つで、全てをコントロール

BOSE CONNECTアプリで、お使いのヘッドホンに簡単アクセス。便利機能の紹介、設定のカスタマイズなど、様々なコントロールが可能。自分にぴったりのスタイルで音楽を楽しめます。

Bluetooth接続も簡単に管理できます。スマートフォンの通話、タブレットの音楽、ノートPCの映画をスワイプ1つで操作。

ボーズのスポーツイヤホン

トレーニングにぴったりの
イヤホンを選ぼう

SHARE WITH US

#SoundSport

エクササイズを次のレベルに引き上げるSoundSport wireless headphones。その実力はどうでしたか?あなたの体験を教えてください。#SoundSportと@Boseを付けて、Instagramに写真をシェアしましょう。

仕様

外形寸法(ケーブルを除く)

  • ヘッドホン:3.05 cm(H)x 2.5 cm(W)x 3.05 cm(D)(23 g)

その他の仕様

  • 充電式リチウムイオンバッテリー
  • 充電時間: 2時間
  • バッテリー持続時間: 満充電で最大6時間

同梱物

  • SoundSport wireless headphones
  • StayHear+ Sportチップ 3サイズ
  • 充電用USBケーブル
  • キャリングケース
  • クイックセットアップガイド
によって、 5つ星のうち 5 と評価されています。 1年経過しました 使い始めて1年経過しました。 平日は通勤と運動で約3時間使用しています。 毎日、寝る前に充電していますが、バッテリーの劣化もまだ実感はありません。 未使用時はバックのポケットに丸めて収納していますが、断線もありません。 購入当初、リモコンのボタンが硬いと思いましたが、現在では慣れもありますが、後述以外の操作はミスもなく思い通りに操作可能です。 要望としてはこの商品に限らず、曲戻しをリモコンで行うには、3回連押が必要ですが、失敗する時が今でもあり、他操作で出来る様、改善お願いします。
投稿日: 2019-08-07
によって、 5つ星のうち 5 と評価されています。 やっぱりBOSE。ずっとBOSE 1ヵ月と少し使いました。 Apple製品は大好きなのですが BOSEの音を知ってしまうとAppleのイヤホンに戻れません。 12年以上BOSEです。 40代後半からなので、耳の老化のせいもあるとは思います。 純正のイヤホンだと重低音があまり聞こえず、高音がシャリシャリと耳障りなのです。 ケーブルが煩わしいと思うことはよくありましたが、ワイヤレスは音が悪いような気がして今まで敬遠してました。 ところが最近、Appleのワイヤレスの評判がとても良いようなので気になり・・・ 星5つのレビュー >音は有線と変わらない で、こちらの購入を決めました。 接続は CONNECTアプリで簡単にiPhoneとAppleWatchに繋がりました。 2回目以降は、電源を入れるだけですぐ両方に繋がります。操作性抜群。 いつもの最高の音。ワイヤレスで自由・身軽になりました。 付属のキャリーケースも良いです。
投稿日: 2019-04-04
  • y_2019, m_8, d_20, h_13
  • bvseo_bulk, prod_bvrr, vn_bulk_2.0.13
  • cp_1, bvpage1
  • co_hasreviews, tv_0, tr_100
  • loc_ja_JP, sid_soundsport_wireless, prod, sort_[SortEntry(order=RATING, direction=DESCENDING), SortEntry(order=SUBMISSION_TIME, direction=DESCENDING)]
  • clientName_bose
  • bvseo_sdk, java_sdk, bvseo-2.2.0.4
  • getReviews, method:CLOUD, 0ms
  • REVIEWS, PRODUCT

よくあるご質問

SoundSport wireless headphonesで電話にでることはできますか?

はい。SoundSport wireless headphonesには、スマートフォンから電話に応答するためのインラインマイクが搭載されています。従来の通話機能に加え、VoIPを使用するSkypeやFaceTimeなどの多くのアプリで使用できます。

SoundSport wireless headphonesはノイズキャンセリング対応ですか?

いいえ、SoundSport wireless headphonesにノイズキャンセリングテクノロジーは搭載されていません。ノイズキャンセリング対応のヘッドホンについては、QC30 wireless headphonesをご覧ください。

NFCとは何ですか?

近距離無線通信(NFC)とは、対応の2つのデバイスを近づけた(一般的に10cm以内)ときに通信を可能にする、近接距離のワイヤレス技術です。SoundSport wireless headphonesでは、BluetoothペアリングにNFCを利用しています。スマートフォンなどのNFC対応機器をリモコン部分に近づけると、ヘッドホンと機器がBluetoothでペアリングされ、すぐに音楽を楽しむことができます。デバイスをもう一度リモコン部分に近づけると、ヘッドホンのペアリングが解除されます。

SoundSport wireless headphonesと携帯端末をペアリングする方法は?

お持ちのモバイル機器がNFC対応であれば、NFC機能がオンになっていることを確認してからヘッドホンの電源/Bluetoothボタンを1秒間押して電源を入れます。その後、お持ちのモバイル機器の背面をヘッドホンのリモコン部分にタップして、画面に表示されるメッセージに従ってペアリングを完了します。

お持ちのモバイル機器がNFC非対応の場合、ヘッドホンの電源/Bluetoothボタンを「ペアリングの準備が完了しました」と音声ガイドが聞こえるか、Bluetoothインジケーターが青く点滅するまで長押しします。その後、モバイル機器のBluetoothメニューに表示される指示に従い、ヘッドホンとのペアリングを完了します。

追記: iPhone6(s)/6(s) Plusに採用されているNFCは、Apple Pay機能(日本のApple製品では非対応)専用となっており、ペアリングには対応しておりません。これらの機器とのペアリングはNFC非対応の機器の場合と同じ手順で行ってください。

Tileアプリはヘッドホンを探すのにどのように役立ちますか?

Bose Connectアプリから最新ソフトウェアをダウンロードして適用することで、紛失したSOUNDSPORT WIRELESSなどをTileアプリから見つけることができます。Bluetooth通信範囲内(約9 m)にヘッドホンがある場合、ビープ音を鳴らして位置を知らせます。スマートフォンでTileアプリをバックグラウンドで実行させていると、ヘッドホンを所持していた最後の場所と時刻を記録します。「Tile」を新たに購入する必要はありません。Tileアプリは、Bose Connectアプリから利用することができます。

SoundSport wireless headphonesは、同時に2台のモバイル機器と接続できますか?

はい。マルチポイント機能により、SoundSport wireless headphonesは同時に2台の端末とのペアリングを維持できます—例えば、iPadとスマートフォンというように。ですので、例えばiPadでビデオを観ている最中にスマートフォンに着信があると、自動的にiPadの音声が一時停止して着信に応答できるようになっています。そして通話が終了すると、iPadで観ていたビデオの音声に再び切り替わるのです。なお、同時に2台の端末と接続できるとは言っても、2台の端末の音声を同時に聴けるわけではありません。聴ける音源は一度に1台ずつとなりますのでその旨ご留意ください。

SoundSport wireless headphonesの通信範囲について教えてください。

SoundSport wireless headphonesのBluetooth通信範囲は最大約9メートルです。通信範囲は、壁や扉などの障害物、他の電子機器の電波干渉などの影響によって短くなる場合があります。そのような場合は、ヘッドホンをモバイル機器の近くで使用してください。

SoundSport wireless headphonesの充電方法について教えてください。

SoundSport wireless headphonesは、付属のUSBケーブルを使用し、パソコンのUSBポートやWall charger(別売)に接続して充電できます。ヘッドホンを満充電にするには約2時間かかります。満充電されるとバッテリーのインジケーターが緑に変わります。

SoundSport wireless headphonesの充電をパソコンから行うことはできますか?

はい。SoundSport wireless headphonesにはUSBケーブルが同梱されていますので、お手持ちのパソコンなどからヘッドホンを充電することも可能です。パソコンの電源をオンにし、USB充電可能な状態にしてください。

バッテリーが切れても音楽は再生できますか?バッテリーの急速充電はできますか?

いいえ。SoundSport wireless headphonesのバッテリーが切れた場合、音楽再生はできません。ただし、15分間の急速充電を行うことで約1時間の再生が可能になります。

リモコンのボタンでできる操作は?

中央に配置されている大きめのボタンはマルチファンクションボタンです。このボタンは再生/一時停止をはじめとする映像および音楽ファイルの操作や、着信応答/終話に使用します。さらにこのボタンでSiriやGoogle Now、音声ダイヤルなどのボイスコマンドを起動させることも可能です。マルチファンクションボタンの両側には音量調節ボタンがあります。音量「+」ボタンが上側、音量「-」ボタンが下側に配置されており、直感的に音量を調節しやすい設計になっています。

SoundSport wireless headphonesに同梱されているStayHear+ Sportチップと、従来のStayHearチップとの違いは何でしょうか?

StayHear+ Sportチップは従来のStayHearチップと同じ柔らかなシリコン素材でできていますが、それに加えて耳の入り口を優しくふさぐ独自の形状を採用することで、音響性能を向上しています。

StayHear+ Sportチップは、ボーズの他のインイヤー型ヘッドホンにも使えますか?

いいえ。SoundSport wireless headphonesのStayHear+ Sportチップは、見た目はQuietComfort 20やSoundTrue Ultraのチップと似ていますが、これらをはじめとするボーズの他のインイヤー型ヘッドホンにはお使いいただけません。

サポート

クイックスタートガイド

取扱説明書

安全上の注意事項

エクササイズもサウンドも、もっとパワフルに

SOUNDSPORT WIRELESS HEADPHONES

ja
ja
ja