全品送料無料でお届け
 

New

QuietComfort 35 wireless headphones II

概要

概要

音を愉しむだけじゃない
Googleアシスタント対応スマートヘッドホン

業界最高クラスのノイズキャンセリングヘッドホン。Googleアシスタントを搭載し音声操作が可能。ワイヤレステクノロジーと最長20時間再生のバッテリーを搭載。

Googleアシスタント対応スマートヘッドホン

BOSEは、次のステージへ

QC35 IIはGoogleアシスタントを搭載。音楽再生、メールの送受信、日常作業の管理、着信応答など、すべてを音声でコントロールできます。アクションボタンを押しながら話しかけるだけです。また、QuietComfort 35 wireless headphones IIには業界最高クラスのノイズキャンセリングテクノロジーが搭載されているので、ノイズをブロックして思う存分音楽に浸れます。

NO GOOGLE? NO PROBLEM.

Googleアシスタントが必要ないなら、別機能を楽しみましょう。アクションボタンを使ってノイズキャンセリングレベルを3段階で切り替えられます。

スイッチを入れるだけで、
別世界へ

周囲の何もかもが消えてなくなり、自分と音楽だけがある、そんな世界にいるような体験。業界最高クラスのノイズキャンセリング機能により、スイッチ1つでその感覚を味わえます。外部のノイズを継続的に測定・比較。逆位相の信号を発生させることでノイズを打ち消します。また、周りの環境に合わせてノイズキャンセリングレベルを3段階で切り替え可能。そのため、あらゆる環境下で音楽に集中することができます。

周囲のノイズ
逆位相の信号

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アクションボタン
Googleアシスタントにアクセス。メールの送受信、着信応答、音楽再生、通話などが可能。

ソフトクッションイヤーカップ
まるで着けていないかのような心地よい装着感。

Alcantara素材のヘッドバンド
一日中使える優れた快適性を実現。

耐衝撃性
アクティブな使用にも耐える設計です。

耐食性
強度の高い材質で耐久性を実現。

マルチファンクションボタン
Googleアシスタントを使わなくても、Siriなど、スマートフォンのバーチャルアシスタントにアクセスできます。

もっと快適に

さまざまな場所で音楽を聴くには、耐久性の高いヘッドホンが必要です。衝撃に強い素材、ガラス繊維を練り込んだナイロン樹脂、耐食性のステンレススチールなどにより、アクティブな使用にも耐えられるヘッドホンになっています。もちろん、長時間の使用が可能な、快適な使い心地も欠かせません。QC35 IIのヘッドバンドは柔らかなだけでなく、高級感あふれる素材を使用しています。ヨットや高級車などに使用されている柔らかいAlcantara®素材により、一日中使える快適な装着感を実現しています。シンセティックプロテインレザー製の極上のイヤークッションは、まるで着けていないかのような装着感です。

簡単接続、
一日中愉しめる

最大20時間の連続再生が可能。プレイリストをすべて聴けるほどの時間です。もしバッテリーが切れてしまっても、15分充電すればさらに2.5時間使用できます。また、バッテリーなしでも、付属のケーブルを使用することで、引き続き音楽を楽しむことができます。

どんな音量でも感動的なサウンドを

どんな音量でも豊かでクリアな音で音楽を楽しむために、最適化されたイコライザーを搭載。どの音量でもバランスの取れたオーディオ性能を発揮します。静かなオフィスで音を小さくして聴くときも、人通りの多い場所で音量を上げて聴くときも、変わらない音質を楽しめます。

ちょっと一休み

Googleアシスタントはさまざまなリクエストに応えてくれます。例えば、道案内、スケジュールのリマインド、天気予報の確認など、よく使われるコマンドを試してみましょう。もうスマートフォンを操作する必要はありません。

アプリでさらに使いやすく

ヘッドホンを最大限にお楽しみいただくために、無料アプリをご用意しました。このアプリでデバイスとの接続や切替えがこれまでになく簡単に行えます。また、ノイズキャンセリングのレベルをアプリからコントロールすることもできます。ボーズはこのアプリを常に改良し続けています。今後、新機能や操作性の改善、製品アップデートなどが予定されています。シンプルで直感的なアプリなので、一度使えばきっと手放せなくなることでしょう。

 

アコースティックノイズキャンセリング

外部のノイズを継続的に測定・比較。逆位相の信号を発生させることでノイズを打ち消します。

Googleアシスタント

アクションボタンを押しながら話しかけるだけです。

音量に合わせて最適化するイコライザー

どんな音量でもバランスの取れたオーディオ性能を発揮します。

クリアな通話

クリアな会話を実現。風切り音やノイズも気になりません。

音声ガイド

音声ガイドに従って、Bluetooth®ペアリングが簡単にできます。

バッテリー

最大20時間の連続再生。また、15分充電すればさらに2.5時間使用できます。

仕様

仕様

外形寸法/質量

  • 本体:170 mm W x 180 mm H x 81 mm D(234 g)
  • 音声ケーブル:1.2 m
  • USBケーブル:30.5 cm

同梱物

  • QC35 wireless headphones II
  • 充電用USBケーブル
  • 音声ケーブル
  • キャリングケース
レビュー
によって、 5つ星のうち 4 と評価されています。 試してみました レビュークラブよりモニター品を借りてレビューしています。 コンパクトにたたまれて丈夫なケースに入っています。通勤バッグに入れて 出勤。バスの最後部席でラジコを聴きます。エンジンの低音がだいぶキャンセルされて高音ぶりが微かに残る程度。快適に聴けます。地下鉄では、更に低音が気にならなくなり快適。装着時の大きさは着座すると気にならなかったです。
投稿日: 2017-12-09
によって、 5つ星のうち 4 と評価されています。 操作性good!音も期待通り。ただ改善点も多い。 レビュークラブよりモニター品を借りてレビューしています。 BOSEの製品はwave audio systemとqc25を所有していますので、BOSEの音は理解しており、聞く音楽の系統もポップス等がメインです。 qc35が届き、iphone7とmacbook proとペアリングを行いました。両方とも特に問題なく、その後デスクトップPC(Bluetoothドングル経由)でwindows10でも使いたいと思ってのですが、windowsからQC35が認識されないトラブルがありました。windowsの更新を行い何度か再起動ののち手動で認識されるようになりました。 さて、使ってみた感想です。 qc25を使っていたので、操作性は問題ありません。ボタンも非常に分かりやすく初日からノールックでストレスなく操作できます。 音はqc25に比べるとやや迫力に劣る印象ですが、wirelessであることを考慮すれば許容範囲。特に軽快な洋楽ポップスとかと相性が良いです。 ノイズキャンセリングの没入感は当初QC25の方が効きが良いかなとも思いましたが、QC35で電車内でノイキャンをOFFにすると、なんと自分は騒がしい世界に身を置いているのだ(笑)と感じました。きっとQC35の方が自然なノイズキャンセルの効きが実現できていいるのだと思います。 続いて改善点です - windows10での接続性(OS、ドングルの可能性もあり) - ノイズキャンセルの前回設定強さを記憶しない - ファームアップにやたら時間がかかる。iPhone専用アプリでの進行具合もやや分かりづらい。 - ファームアップ以外にiPhone専用アプリの存在意義があまりなさそう - 充電中はペアリングできない。セントラルデバイスから見えない。購入してするやることって充電とペアリングですよね? - あと細かいことですが、音楽を聴いている際に改札でSUICAをタッチした際に音量が上がるトラブルがありました。改善を望みます。 BOSEの音が好きで、wireless化を望むのであれば購入して間違いない製品だと思います。
投稿日: 2017-12-09
  • y_2017, m_12, d_10, h_21
  • bvseo_bulk, prod_bvrr, vn_bulk_2.0.3
  • cp_1, bvpage1
  • co_hasreviews, tv_0, tr_2
  • loc_ja_JP, sid_qc35_ii, prod, sort_[SortEntry(order=RATING, direction=DESCENDING), SortEntry(order=SUBMISSION_TIME, direction=DESCENDING)]
  • clientName_bose
  • bvseo_sdk, java_sdk, bvseo-2.2.0.4
  • getReviews, method:CLOUD, 0ms
  • REVIEWS, PRODUCT
よくあるご質問

よくあるご質問

QuietComfort® 35 wireless headphonesとQuietComfort 35 wireless headphones IIの違いは何でしょうか?

QuietComfort 35 headphones IIはQuietComfort 35 headphonesと同様の定評のあるノイズキャンセリング技術、ワイヤレスの解放感、音響性能、デュアルマイクシステム、20時間のバッテリー持続時間を提供します。さらに、QuietComfort 35 wireless headphones IIの左側のイヤーカップには、新たにアクションボタンが装備されています。Googleアシスタントを利用できる国や言語では、このボタンを使ってすぐにGoogleアシスタントにアクセスできます。Googleアシスタントを利用できない地域では、3種類のノイズキャンセリングモードをすばやく切り替えて、どこに移動しても最適なパフォーマンスを体験できます。

TriPort® acoustic headphone structureとは何ですか?

独自技術であるTriPortテクノロジーはイヤーカップに開けた外部ポートを使って、イヤーカップを大きくすることなく、効率良く音量を大きくする技術です。結果として、より優れたオーディオ性能とアクティブノイズキャンセリング機能を備えた、より軽量・コンパクトで快適なヘッドホンを実現できるのです。TriPort® acoustic headphone structureは、ボーズの市販のヘッドホンとヘッドセットすべてに採用されています。

QuietComfort 35 wireless headphones IIのノイズキャンセリング性能はどのようにして実現されていますか?

QuietComfort 35 headphones IIはアクティブ/パッシブ両方のノイズキャンセリングテクノロジーを採用しています。非常に高度な独自の電気的手法をアクティブノイズキャンセリングに用いており、イヤーカップの内側と外側両方に音を検知するためのマイクが取り付けられています。電子システムがほぼすべての環境下で音を検知し、測定、比較、そして一瞬ごとに反応してノイズと逆位相のキャンセル信号を生成します。パッシブノイズキャンセリングはイヤーカップとクッションの素材、そして音響構造の組み合わせによって実現されました。

NFCについて

近距離無線通信(NFC)とは、対応の2つのデバイスを近づけた(一般的に10cm以内)ときに通信を可能にする、近接距離のワイヤレス技術です。QuietComfort 35 headphones IIでは、NFCはBluetoothペアリングのために用いられます。スマートフォンなどのNFC対応機器をヘッドホンの右のイヤーカップに近づけると、ヘッドホンと機器がBluetoothでペアリングされます。機器をもう一度イヤーカップに近づけると、ヘッドホンのペアリングが解除されます。

QuietComfort 35 wireless headphones IIで電話に出ることができますか?

はい。QuietComfort 35 headphones IIはデュアルマイクシステムを搭載しており、Bluetooth®HFPプロファイルに対応したスマートフォンでの通話に対応できます。従来の通話機能に加え、VoIPを使用するSkypeやFaceTimeなどの多くのアプリで使用できます。デュアルマイクシステムが風切り音や周囲の騒音を低減して通話相手に優れた体験を提供します。またサイドトーンにより自分の声を聞くことができ、自然な通話を可能にします。QuietComfort 35 headphones IIはHD Voiceもサポートしています。

QuietComfort 35 wireless headphones IIとモバイル機器をペアリングする方法は?

NFC対応のモバイル機器をお使いの場合は、ヘッドホンの電源スイッチを3ポジションの真ん中に入れて、モバイル機器の背面を、ヘッドホンの右イヤーカップの正面にあるNFCロゴにタッチします。その後接続を許可するメッセージに従います。もしNFC対応のモバイル機器をお持ちでなければ、最初に、ヘッドホンの電源スイッチが3ポジションの真ん中に入っていることを確認します。次に、3ポジション電源スイッチをBluetooth LEDインジケーターが青く点滅するか、音声ガイドが聞こえるまでBluetoothアイコン側にスライドします。その後、モバイル機器のBluetoothメニューに表示される指示に従い、ヘッドホンとのペアリングを完了します。接続が完了するとBluetooth LEDインジケーターは白に変わります。

QuietComfort 35 wireless headphones IIは、同時に2台のモバイル機器と接続できますか?

はい。マルチポイント機能により、iPadとスマートフォンなど、同時に2台のモバイル機器との接続ができます。たとえばiPadでビデオを観ている最中にスマートフォンに着信があると、自動的にiPadのビデオが一時停止して着信に応答できるようになります。通話が終了すると、iPadで観ていたビデオの音声に切り替わります。

QuietComfort 35 wireless headphones IIの通信範囲は?

QuietComfort 35 headphones IIのBluetooth通信範囲は最大約9mです。隣りの部屋までは届くと説明すれば分かりやすいでしょう。通信範囲は、壁や扉などの障害物、他の電子機器の電波干渉などの影響によって短くなる場合があります。Bluetooth®接続で干渉が発生すると、ポップ音やバチバチというノイズが聞こえる場合があります。その場合は、無線ルーターや電子レンジから離れ、またヘッドホンをモバイル機器の近くで使用してください。

QuietComfort 35 wireless headphones IIの充電方法は?

QuietComfort 35 headphones IIは、付属のUSBケーブルを使用し、パソコンのUSBポートやWall charger(別売)に接続して充電ができます。ヘッドホンの充電には最大2時間15分かかります。満充電されるとバッテリーのインジケーターが緑に変わります。また、満充電する時間がないという場合でも、15分間の急速充電で約2.5時間の使用が可能です。

バッテリーの連続動作時間はどのくらいですか?

QuietComfort 35 headphones IIはリチウムイオンバッテリーを使用しており、ワイヤレス使用時には約20時間、ケーブルを接続しての使用時には約40時間の連続使用が可能です。

バッテリーが切れても音楽を聴くことはできますか?

はい。バッテリー切れの場合でも引き続き音楽などをお楽しみになれます。ただし、バッテリーがないとアクティブノイズキャンセル機能もアクティブEQも動作しません。

QuietComfort 35 wireless headphones IIの充電をパソコンから行うことはできますか?

はい。QuietComfort 35 wireless headphones IIにはUSBケーブルが同梱されていますので、お使いのパソコンからヘッドホンを充電することが可能です。パソコンの電源をオンにし、USB充電可能な状態にしてください。

右のイヤーカップの後方にあるボタンは何のためのものですか?

中央にある大きめのボタンはマルチファンクションボタンです。このボタンは再生/一時停止をはじめとする映像および音楽ファイルの操作や、着信応答/終話に使用します。さらに、このボタンでSiriや音声ダイヤルなどのボイスコマンドを起動させることも可能です。マルチファンクションボタンの両側には音量調節ボタンがあります。音量「+」ボタンが上側、音量「-」ボタンが下側に配置されており、直感的に音量を調節しやすい設計になっています。

サポート

サポート

取扱説明書/クイックガイド

取扱説明書

クイックセットアップガイド

NEW
QuietComfort 35 wireless headphones II

音を愉しむだけじゃない
Googleアシスタント対応スマートヘッドホン