Black Friday sale 実施中

サウンドのパワー

ボーズは、単に利益だけを求めて製品をお届けしているのではありません。私たちはサウンドのパワーで、お客さまの最大限の力を引き出すサポートができると信じているのです。

Bose Sport Earbudsを装着してトレーニングに励むジャネイ・ハーディング選手

無敵の存在になるために

サウンドのパワーシリーズ最初のストーリーでは、静寂な環境を実現するボーズのノイズキャンセリング機能が、気持ちの整理にどのように役に立つかを紹介します。ボーズのWebサイトでは音楽で生活の質を変える3つの効果もご覧いただけます。これから紹介するストーリーで、ボーズのサウンドで得られる効果をご確認ください。

Bose Sport Earbudsを装着してトレーニングに励むジャネイ・ハーディング選手

“毎日音楽を聴いています。そうすることで、気持ちをベストな状態に整えることができます”

ジャネイ・ハーディング選手は、総合格闘技界で人気急上昇中のファイターです。2014年にプロ選手となり、大手総合格闘技団体のベラトールMMAに所属して世界各地の大会に出場しています。ジャネイ選手にとって、音楽はリングの内外で人生に欠かせないものです。「音楽はだいたい毎日聴いています。車の中、トレーニング中、自宅、寝る前など、どんなときでも側には音楽があります。プライベートだけでなく、アスリートとしての自分も常に音楽に支えられています。音楽を聴くことで、気持ちをベストな状態に整えることができています」

“攻撃的な気持ちや怒りより、雑念のない冷静な気持ちでいることが重要”

トレーニング中の選曲にはジャネイ選手の心の状態が反映されています。「私のスタイルが少し変わっていることは自覚しています。興奮して攻撃的になるよりも、冷静さと集中力を持って試合に臨む方がはるかに良いという考えです。多くの人は試合を野蛮な行為と考えていますが、チェスのような側面もあって、常に考え続けなければなりません。私にとって、攻撃的な気持ちや怒りより、雑念のない冷静な気持ちでいることの方が重要です」

海のそばでトレーニングに打ち込むジャネイ・ハーディング選手

“曲を聴くと気分が良くなり、前向きな気持ちになります。そして、そのエネルギーを試合に向けます”

音楽は、試合に向けたトレーニングから試合に向かうときの橋渡しにも役立ちます。「いつも本当に好きな曲を何曲か選んでプレイリストを作成します。試合の週には、雰囲気のいいポジティブなエネルギーのプレイリストができて、それを聴くと気分が良くなり、気持ちが前向きになります。そして、そのエネルギーを試合に向けます」

“自分はこの場所にふさわしい存在だと信じ、自分の力でここに立っている”

ジャネイ選手は音楽を聴きながらリングに上がります。「ヘッドホンを付けて入場し、リングに座って自分の得意技やトレーニングで得たポジティブな経験について考えています。ゲームプランを考えながら、必ず自分自身にこう言い聞かせます。自分はこの場所にふさわしい存在で、トレーニングを懸命に重ねて自分の力でここに立っている。試合に勝つチャンスは誰にも奪うことはできない。この試合に勝つことができるのは私だけだ」

ギターを弾いて遊ぶ幼いジャネイ・ハーディング

“成長するにつれて、音楽は欠かせないものだと自覚するようになりました”

オフはオーストラリアの実家に帰るというジャネイ選手は、ニュージーランド生まれ。シングルマザーのひとりっ子として、音楽に囲まれて育ちました。「音楽は私にとって本当に欠かせないものでした。母はできる限りの時間を私と一緒に過ごしてくれました。音楽がとても好きな人で、常に音楽を聴いていました」ジャネイ選手は10歳から空手を習い始めました。黒帯を取得してトーナメントの大会に参加するようになってから、総合格闘技の存在を知ります。学校を卒業後、ジャネイ選手は趣味で取り組んできた空手で身を立てようと決心しました。「私は母の教えと自分の生い立ちから、自立して生きていこうと考えていました。そのことが他の人との大きな違いにつながり、総合格闘技で成果を残せている理由でもあると思います」

“自分だけでなく祖先とともにリングに立っている気持ちになる”

大人になると、ジャネイ選手は自分の家の歴史に興味を持つようになりました。ジャネイ選手は亡くなった父からマオリ族の血を受け継ぎ、音楽でマオリ文化を身近な存在として感じています。「音楽はマオリの文化、ダンス、宗教といったマオリ族の生活に根付いています。マオリの音楽を聴くと、自分の中に眠る祖先の強さがみなぎるのを感じます。リングに上がるたびに、自分だけでなく祖先とともにリングに立っている気持ちになれます。これが、他の人と大きな違いを生み出していると感じます」

リングに立つジャネイ・ハーディング選手

“世界チャンピオン獲得を阻むものは何もありません。欲しいタイトルはすべて勝ち取ります”

来るべき大舞台に向けてジャネイ選手のメンタルはベストな状態に整っています。「夢は世界チャンピオンになることです。試合では好調も不調もありますが、最終的には調子に折り合いをつけて、勝利だけに意識を集中できます。私の世界チャンピオン獲得を阻むものは何もありません。欲しいタイトルはすべて勝ち取ります。何があっても自分はチャンピオンになるという気持ちが、困難なときに自分を奮い立たせるモチベーションになると考えています。だからこそ、この強い気持ちを維持しなければなりません」

Bose Sport Earbudsを装着してトレーニングに励むジャネイ・ハーディング選手
Bose Noise Cancelling Headphones 700を装着しているボーズのプリンシパルエンジニア、マイク・ダゴスティーノ

“お客さまがボーズ製品を購入する一番の理由は、優れたサウンドを必要としているからです”

試合に向けたトレーニング中、ジャネイ選手はBose Sport Earbudsを使用しています。ボーズのプリンシパルエンジニア、マイク・ダゴスティーノは、このイヤホンのサウンド開発に携わりました。「ボーズはお客さまを第一に考えています。お客さまがボーズ製品を購入する一番の理由は、優れたサウンドを必要としているからです。つまり、ボーズが発売する製品は、最低でも前の製品と同じレベルのサウンドが期待されているのです」

“このイヤホンを付けて大好きな音楽を聴くと、エネルギーが湧き出してくる”

Bose Sport Earbudsの開発目的は、エクササイズが嫌いで何かを聴いていないと運動できないユーザーのための製品を作ることではありませんでした。目指したのは、エクササイズを始める準備ができていなくても、動き始める後押しができるような製品を開発することでした。「私たちの目標は、『このイヤホンを付けて大好きな音楽をかけるとエネルギーが湧いてくる。体を動かして運動したくなる。もっと運動を続けたくなって、もう1周、もう1セット、もう1回と頑張りたくなる』というような製品を開発することでした。このイヤホンの開発中、製品の新しいチューニングを試して、新しいアルバムをかけると、気分が高揚してくる体験を何度も味わいました。地下のオフィスを飛び出して走り始めたこともあります。製品を開発していたら、自分がその製品のユーザーになっていたのです。まさに、これこそが私の仕事ではないでしょうか」

Bose Sport Earbuds(トリプルブラック)

“ボーズは、より優れたサウンドを届けるための製品開発を決して止めません”

世界チャンピオンになるという夢を阻むものは何もないと感じているジャネイ選手のように、マイクも自分の取り組みに同じことを感じています。「ボーズが上質なサウンドを提供できる理由は、より優れたサウンドを届けるための製品開発を決して止めないことに尽きます。また、ボーズは、実現し得るベストなサウンドを届けることで、お客さまの人生をより良いものにする取り組みを決して止めません」